TOP > ニュース

【K-1】北欧のムエタイ美女ノットソンが自信満々「KANAはびっくりする」

2018/11/02(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をクリアーしたKANA(左)とノットソン(右)

 11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~』の前日計量&会見が2日(金)都内にて行われた。

 第8試合で対戦(50kg契約)するKrush女子フライ級王者KANA(26=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)とヨセフィン・ノットソン(22=スウェーデン)は共に契約体重リミットの50.0kgでクリアー。計量後のフェイスオフではノットソンが鋭い視線でKANAに接近し一触即発のムードになる場面もあった。

 3月大会に続き2度目のK-1参戦となるKANAは「遠いスウェーデンからしっかり体重を整えて来てくれたことに感謝します。自分も無事、計量をクリアーし、いま水分を取っただけでメチャ元気になって、すぐにでも試合が出来そうです」とかなり調子が良さそう。

睨み合うKANA(左)とノットソン(右)

 ノットソンについては「若くて経験豊富で、相手によってスタイルを変えられる選手。自分に対してもしっかり対応してくるだろうと思います」と警戒するが、「自分が勝つことで新しい景色が見えると思います。しっかり勝って、その新しい景色を見たいと思います」と完全決着をアピールした。

 一方、今回初来日となるノットソンは幼少期から空手とムエタイを学び、アマチュアムエタイの大会で活躍。27勝(9KO)3敗の戦績を持つ。試合への意気込みを聞かれると「今回の試合のために2、3カ月間、毎日KANAのことを考えてトレーニングしてきました。試合がとても楽しみです」とニヤリ。

「KANAの試合映像はたくさん観ました。私はどんなスタイルでも戦えるので、KANAはびっくりするでしょう。私もリングの外では対戦相手に敬意を表しますが、リングの中では関係ありません」とKANA撃破に自信を見せていた。

●編集部オススメ

・Krush女子王者KANAが2度目の参戦「豪快に倒しに行く」

・KANAが1Rからの猛攻で散打王者を圧倒KO、V2達成

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース