TOP > ニュース

【UFC】王者コーミエに挑むルイス「大恥をかかせてやるさ」

2018/11/03(土)UP

ヘビー級タイトルマッチで対戦する王者コーミエ(左)と挑戦者ルイス(右)(C)GettyImages

 11月3日(土・現地時間)アメリカ・ニューヨーク州ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催される総合格闘技大会『UFC 230』の前日計量が、2日(金・同)に行われた。

 メインイベントのUFC世界ヘビー級(−265ポンド/約120.2キロ)タイトルマッチで、初防衛を目指す王者ダニエル・コーミエ(39=アメリカ)は、251.2ポンド(約113.94キロ)で計量クリアー。挑戦者の同級2位デリック・ルイス(33=アメリカ)は、コーミエよりも13.4ポンド(約6.08キロ)重い、264.6ポンド(約120.02キロ)でパスした。

一発で試合を引っくり返すルイス(右)の剛腕 Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC

 現在、ライトヘビー級とヘビー級の二階級でベルトを巻くコーミエは、「俺は2つのタイトルを同時に保持して防衛にも成功する初めてのUFC王者になるつもりだ。デリック・ルイスのここまでの出来は素晴らしい。しかし、彼はオクタゴンの中で史上最高の選手と向き合った時、レベルの違いがあることを思い知るだろう」と、勝利に向けて自信満々だ。

 一方、ルイスはUFCで16戦目にして初のタイトルマッチ、しかもアレキサンダー・ヴォルコフに最終ラウンドで大逆転のKO勝ちを収めた前戦から、中27日という短い期間で臨むことになるが、それでも王者に向けて「大恥をかかせてやるさ」と噛み付き、アップセットの準備が整っていることを感じさせた。

セミファイナルのミドル級ワンマッチで対戦するワイドマン(左)とジャカレ(右) (C)GettyImages

 セミファイナルのミドル級(−185ポンド/約83.91キロ)ワンマッチでは、同級3位クリス・ワイドマン(34=アメリカ)が186ポンド(約84.37キロ)、対戦相手の同級5位ジャカレ・ソウザ(38=ブラジル)が184.8ポンド(約83.82キロ)で、計量をパスしている(タイトルマッチ以外の試合は規定により1ポンドまでの超過が認められている)。

●編集部オススメ

・ヘビー級タイトル戦、コーミエvsルイスを高阪剛が予想

・KO負け寸前のルイスが豪腕で逆転KO、ヘビー級の怖さ見せる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース