TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心「ルールは何でもいい。相手のルールでもいい」

2018/11/05(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「ルールと体重の交渉はこれから」と榊原委員長(中央)。しかし那須川(右)は「何でもいい」

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』の記者会見が、11月5日(月)都内で行われた。

 対戦が決まったのはプロ格闘技32戦無敗、RISE世界フェザー級王者の那須川天心(20=TARGET/Cygames)vsプロボクシングで50戦無敗、5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)という無敗対決。

 那須川は「話をいただいた時は、普通にやりますって返事をしました。最初にオファーされた時は“まあないだろうな”って思っていたんですよ。噂話程度くらいかなと。そうしたら話が進んで行って“本当にやるんだ”と驚きました。こんなチャンスはもうない。自分がここで断ったら一生戦うことがないと思うので、だったらやるしかないでしょうって感じですかね」と、最初は本人も疑心暗鬼だったという。

「一番凄い世界進出というか、飛び飛び飛び飛び…級みたいな世界進出。自分の名を売るチャンスです。自分がどこまで出来るかを証明したかったのでこれを受けました」と、この一戦で世界に名を轟かせるつもりだ。

 ルールに関しては「ここまで来てルールとか体重がどうこうじゃないと嫌だっていうのはないと思う。そういうのは関係なく、今のこの気持ちなら何でも大丈夫だと思います。本当に何でもいいです」とし、榊原信行RIZIN実行委員長が言うバックハンドブローや蹴りの本数制限についても「それで勝ったところで嬉しいかと言えば、そこまで嬉しくないと思います。別に相手のルールでもいいかなって感じですね。上の人に全部任せます。この際、何でもいいです」と、メイウェザーの土俵であるパンチのみの勝負で構わないとした。

 体重については「自分の普段の体重よりも2~3kg上くらいなら。普通にありえる範囲がいいです。70kgはさすがにないので、そこは相談して決めます。今は61~62kgくらいです」と64~65kgくらいで出来れば、とした。

 しかし、目前には11月17日(土)東京・両国国技館にて開催される『RISE 129』で前シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(22=ストライ キングジムAres)との対戦が決まっている。

「11月の試合は絶対に落とせない。その試合を落としたら全部台無しになってしまう。今はメイウェザー選手のことは考えず、次の内藤選手のことしか考えないつもりでいます」と、まずは内藤戦に集中すると語った。

●編集部オススメ

・那須川天心vsメイウェザー、ルールについて榊原委員長が語る

・【RISE】那須川天心vs内藤大樹、3年ぶりの再戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース