TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心、メイウェザーの大笑いに「ナメられているのは分かっている」

2018/11/05(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「本気で勝ちに行く」と宣言した那須川

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』の記者会見が、11月5日(月)都内で行われた。

 対戦が決まったのはプロ格闘技32戦無敗、RISE世界フェザー級王者の那須川天心(20=TARGET/Cygames)vsプロボクシングで50戦無敗、5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)という無敗対決。

 会見では那須川が「パンチは当たりそうだと思いました」と発言すると、メイウェザーは手を叩いて大笑いした。

那須川の発言に手を叩いて大笑いするメイウェザー

「見た目的には当たりそうだと思ったんです。(メイウェザーと戦った相手は)みんなそう思うんですかね。でもやれないことはないと思います。めちゃ笑っていましたね。まあ、ナメられているのは分かっているので」と気にしないと言い、「でも久々なんですよね、何も気負わずに行ける試合は。今までは自分が上の立場になって来て、この前の堀口戦とかロッタン戦とかも自分が中心的でしたが、今回は話題が全部メイウェザーじゃないですか。自分が失うものがないというか。例えここで自分に黒星が付いても関係ないですし」と、挑戦者の立場で臨めることが楽しみだと話す。

 もちろん「負けるつもりは一切ないです。本気で勝ちに行きます」と勝ちに行くつもりだ。その方法としては「堀口さんもキックボクサーを相手にキックボクシングの戦い方はしないと言っていたじゃないですか。自分も一緒で、ボクサーと同じことをやったらダメだと思うので、ボクサーが持っていないタイミングとか打ち方とか軌道があるのでそれをどうにか当てていきたいと思います」と、今まで培ってきたもので勝負する。

厳しい表情をほとんど崩さなかった那須川(右)に対し、余裕のメイウェザー(左)

 メイウェザーの印象は「2~3戦見たくらいです。上手く避けるな、ディフェンスは凄いと思っていましたが、参考までにはしていませんでした」と、やはりディフェンステクニックの印象が強い。「

 また、「マクレガー戦とパッキャオ戦を見ましたが、いつも相手の方を応援していたんですよね。それは最強に挑むって形で情がわくというか。パッキャオ選手もマクレガー選手も好きですから。同じサウスポーですし。この人ならいけるんじゃないかと思っていましたが無理だったじゃないですか。その立場に自分がなれることにワクワクします」と、対戦相手を応援していたというエピソードも明かした。

●編集部オススメ

・那須川天心vsメイウェザー、ルールについて榊原委員長が語る

・メイウェザーと那須川天心が大みそかに対戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース