TOP > ニュース

【KNOCK OUT】王者・不可思、4年前にKOで敗れた山口侑馬と再戦 

2018/11/08(木)UP

8月に戴冠した不可思(左)の王者一戦目は、かつて敗北した山口(右)

 12月9日(日)東京・両国国技館で開催される『KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館』の追加対戦カードが発表された。

 また、現スーパーライト級王者・不可思(27=クロスポイント吉祥寺)vsINNOVATIONライト級王者・山口侑馬(23=山口道場)の一戦が決定。

 不可思は50戦近いキャリアを持ち、長らく日本ライト級戦線でトップに君臨。右ロー、右ストレートを武器にガンガン攻める、超アグレッシブなファイトスタイルの人気選手だ。
 今年8月の「KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント」決勝戦では秀樹からダウンを奪い勝利。自身5つ目のタイトルを獲得した。

右フックで逆転のダウンを奪った不可思

 対する山口は2017年2月にKNOCK OUT初参戦を果たすと、町田光をヒジ打ちでKOして見せ、一気に注目を浴びた。
 今年の5月大会ではベテラン・大月晴明に2RKO負けを喫したが、9月大会ではJ-NETWORKスーパーライト級王者の杉本卓也と激しい打ち合いの末、KO勝ちで再起を飾った。

 両者は14年3月にホーストカップで対戦しており、2Rにタオル投入のTKOで山口が勝利している。

 山口は自身のSNSで「相手はチャンピオンの不可思選手!勝ってKNOCK OUTスーパーライト級をむちゃくちゃにしてやります」と再度リングへ沈める予定だ。不可思は王者として、リベンジを果たせるか。

<決定対戦カード>

▼契約体重未定
不可思(クロスポイント吉祥寺)
vs
山口侑馬(山口道場)

●編集部オススメ

・不可思が秀樹からダウン奪い、競り勝って初代王座に就く

・山口が電光石火のヒジ打ちで町田をKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース