TOP > ニュース

【ムエタイ】中学2年生・押川大也がラジャダムナン初出場

2018/11/09(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関係者の目に止まり、ムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムへの初出場が決まった押川(左)と、2度目の出場となる44・ユウ(右)

 ウォーワンチャイプロモーション所属の押川大也(14=エクシンディコンジムJAPAN)と44(シーシップシー)・ユウ・リバイバル(19=REVAIVAL-GYM)の2名が、11月11日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアムに参戦する。

 押川は中学2年生で、空手やキックボクシングの戦績を合わせると既に100戦を超えておりジュニアの国内タイトルも4つ奪取してきた。近年は現地タイでのムエタイ参戦にも意欲的で、これまでにタイで3戦し2勝1敗。タイでの最後の試合は8月12日バンコクで判定負けしたが、その時の善戦ぶりが関係者への目に留まり、今回のラジャダムナン参戦への流れとなった。タイの関係者も認めるほどのテクニシャンだという。

 押川は「初めてのラジャダムナンスタジアムですが、日々の練習の成果が出せるように頑張りますので応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 44・ユウは、元ムエタイオープン・バンタム級王者。初防衛戦に失敗したのちにタイ修行に出て、10月14日にラジャダムナンデビュー戦を4RでのTKO勝利で飾った。2戦目となる今回も持ち味であるパンチとローキックで前回同様にKO勝ちとなるか。

 44・ユウは「1カ月間隔で試合に出場する事は初めてですが、自分に欠けているハングリー精神を学べるチャンスだと思い、必ず勝利します。自分自身のレベルを上げたいと思います」と意気込んだ。

(Text 早田寛 HiroshiSoda)

●編集部オススメ

・元王者44・ユウがラジャダムナンでの再起戦でTKO勝ち

・ブアカーオがヒジでカットされるもフランス新鋭に勝利、237勝目をあげる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース