TOP > ニュース

【RISE】マイティ・モーが引退試合の清水賢吾に「俺と戦ったことを後悔させたい」

2018/11/16(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1ヘビー級で活躍し、現在は韓国のMMA団体ROAD FC無差別級王者であるマイティ・モー(左)。清水(右)は勝っても負けてもこの試合がラストマッチ

 11月17日(土)東京・両国国技館にて開催されるキックボクシングイベント『RISE 129』の前日計量&記者会見が、16日(金)都内にて正午より行われた。

 第11試合で対戦する、RISE&SB日本ヘビー級王者・清水賢吾(34=極真会館)は98.0kg、初代ROAD FC無差別級王者マイティ・モー(47=アメリカ)は133.0kgでそれぞれ計量を終えた(ヘビー級のため参考体重)。

 会見に出席した清水は「明日は僕の引退試合。最後の試合になりますが、しっかり勝って最後の花道をいい形で飾りたい。マイティ・モーは大きいな、と。体重が35kg重たく、そういう相手と対戦したことがなかったのでパワーもあると思いますが、KOで倒さないと明日唯一のヘビー級が盛り上がらないと思うのでしっかり倒したい」と、引退試合をKOで飾りたいと改めての宣言。

 試合を迎えるまでの心境を聞かれると「練習の段階では最後と考えないでやって来ました。計量の時にマイティ・モーと向かい合って、最後なんだなと感じております。最後にふさわしい試合をしないといけないので頑張りたいと思います」と、計量で引退の実感が湧いて来たという。

 一方、計量時のガッツポーズからやる気を感じさせるモーは「みんなが知っている通り俺はアグレッシブなファイター。明日は清水にいろいろなパンチを当てていくつもりだ。清水の試合は2試合見た。凄く強い選手だ。しかし今回の試合は自分がビッグチャンスで彼はリタイアする試合。彼が2度と試合をしたくないと思えるように、最後の試合でKOして俺と戦ったことを後悔させたい」と挑発的なコメント。

 また、「清水に勝ってもっとRISEと関わりたい。自分はまだまだ試合が出来るのでいっぱい試合をしたいと思っている。RISEのベルトも欲しい。俺は子供が10人いるので、子供たちを育てるためにもっと試合をしないといけない。また、親がいない恵まれない子供たちを助けたいんだ。日本でいっぱい試合をして自分の家族とそういう境遇の子供たちを助けたい」と子供たちのために、清水に勝って日本でもう一度活躍するきっかけを作りたいと話した。

【大会・チケット情報】 11・17 RISEクリエーション「RISE 129」

●編集部オススメ

・マイティ・モーと引退試合の清水賢吾「速攻で倒そうと思います」

・リベンジ&防衛成功した清水賢吾がピーター・アーツに11月対戦要求

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース