TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心、メイウェザーを「KOします」

2018/11/18(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メイウェザー戦についてコメントする那須川

 11月17日(土)東京・両国国技館で開催された『RISE 129』で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)がプロボクシング世界5階級制覇フロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)との戦いに向けて意気込みを語った。

 那須川はこの日のメインイベントでRISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017優勝・内藤大樹(22=ストライキングジムAres)を1R1分59秒でKO。リング上でマイクを持つと、「皆さん知っていると思いますが、年末、自分はメイウェザー選手と戦います。明日からメイウェザー選手を倒すために、絶対に倒すために練習を年末まで頑張りたいと思います。絶対に倒します」と宣言。

内藤(左)を1RでKOし、明日からメイウェザー戦へ向けての練習を開始するという

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN.14』で行われると発表されたメイウェザー戦は一時暗礁に乗り上げたが、榊原信行RIZIN実行委員長が渡米してメイウェザー側と再交渉。「彼は12月31日大みそかにRIZIN.14のリングで那須川天心選手と対決します」と改めて発表した。

 試合後のインタビューでは「ほぼないと思っていた」とメイウェザー戦を諦めていたと那須川。「どれだけ実績を積んでも、どれだけ格闘技をやってもたどり着かない選手とこのタイミングで戦えるのは運を持っていると思う。日本人が誰も戦っていないのに自分が戦えるので、ナメられているかもしれないけれど日本代表として挑みます」と、日本人として初めてメイウェザーと拳を交えることに誇りを感じているようだ。

 そして「リングに上げてしまえば勝ち」と言い、「エキシビション? 自分はそんなつもりはないです。KOしますよ」と“本気”でメイウェザーと戦うと改めて語った。

●編集部オススメ

・那須川天心vsメイウェザーの体重は66.7kg以下契約を予定、米で公開練習も

・メイウェザーvs那須川天心はボクシングスタイルの真剣勝負「スペシャル スタンディング バウト」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース