TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心、メイウェザー戦は「皆さんの予想をひっくり返す」

2018/11/19(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RIZIN大みそか大会でのメイウェザー戦に向けての決意を語った那須川

 11月18日(日)都内にて、前日に開催された『RISE 129』の一夜明け会見が行われた。

 元SB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(22=ストライキングジムAres)に初回KO勝ちしたRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)は「3年前に対戦した選手ということで、(3年前と)比べられる試合なので前回よりも凄いKOをするつもりでいて、結果KO出来たのでやってきたことが再確認できました」と、前夜の試合を振り返った。

昔の自分を思い出して臨んだという内藤戦での速攻劇

 最近の試合では最もアグレッシブな猛攻を最初から見せたのは、「強敵との試合が続いたのもあるけれど、最近はKOが出来なかったので、昔を思い出して昔の迫力を出しました。最初からチャンスがあれば倒しに行くスタイルで行かないとどんな敵でも倒せないと思って、最初から絶対に1Rで倒すと決めていました。力んでしまったんですが、いい具合にその力みが戦いに出てKO出来てホッとしています」と、KOを量産していた時の戦い方をしてみたという。

 また、3年前の初対決が1R1分41秒、今回が1R1分59秒と決着タイムが近いことを記者から指摘されると、「さすがに秒数まではこだわっていませんでしたが、1R決着には相当こだわっていました。父親には『コーナーに戻ってきたら負けだと思え』とプレッシャーをかけられていました」と苦笑い。

勝利の雄叫びをあげる那須川

 そして 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN.14』で対戦するプロボクシング世界5階級制覇フロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)については「どれだけいい試合をしても向こうはナメてくると絶対に思う。皆さんは僕がやられるだろうと思っている方が多いと思いますが、年末までにその予想をひっくり返して、メイウェザーを本気に必ずさせるので年末まで頑張っていきたい」と意気込む。

 今後については「今回の試合が終わってから決めようと思っていたんですが、日本で練習するのも考えているけれど、海外のボクシングトレーナーに見てもらうのも考えています。近いうちにどういう方向で練習するかチームで決めたいと思います。来年はたくさん試合が続くと思いますが、目の前の試合に集中してそこで全て終わるかもしれないし、何かが始まるかもしれない。先のことを考えられない試合なので年末に向けて全力を尽くします」と、ここからメイウェザー戦に集中していきたいと語った。

●編集部オススメ

・【RISE】那須川天心が初回KO、メイウェザー戦へ必勝宣言

・那須川天心、メイウェザーを「KOします」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース