TOP > ニュース

【シュートボクシング】シーザー武志会長、打倒・那須川天心に闘志メラメラ

2018/11/19(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

S-cup世界トーナメントで優勝した海人(左)を称えるシーザー会長。軽量級の海人を育成して打倒・那須川天心を目指す

 11月18日(日)東京・両国国技館で開催されたシュートボクシング(以下SB)『S-cup 65kg 世界TOURNAMENT 2018』は、SB日本スーパーライト級王者・海人(21=TEAM F.O.D)の全試合KO優勝で幕を閉じた。

 大会後、シーザー武志SB協会会長は「全体的にはいい大会でした。海人は全試合KO勝ちしましたし、素晴らしかった。トーナメントに出られなかった選手もいるので、そういう選手を相手にもっともっと頑張って欲しい。MVPは海人ですが、意外性ならUMA(準優勝)君。タイ人にも勝ったし、本来は(キックボクサーなので)投げる選手ではないのに投げを使ってSBらしい試合をしてくれました」と総括。

内藤をパンチ連打でロープに釘付けにする那須川

 前日には同会場で『RISE 129』が開催され、メインイベントで元SB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(22=ストライキングジムAres)がRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20=TARGET/Cygames)に3年越しのリベンジマッチを挑み、敗れた。

「内藤は3年前に那須川君とやって負けている。その選手を相手に威風堂々と戦った。負けはしたけれど最後までやろうとした。あの姿を見て、SB34年目にしてこういう覚悟で試合に臨まないといけないことがやっと選手たちに伝わったなと思いました。戦いに行くファイターは腹を決めて死ぬ覚悟で行かないといけない」と、那須川に立ち向かう内藤に感動を覚えたという。

敗れはしたもののシーザー会長は内藤(左)の姿勢を高評価。那須川(右)も涙しながら拍手を送った

 そして「試合後にRISEの伊藤隆代表にもメールしました。このままでは終われないよ、と。那須川君にはやり返します。燃えましたね」と、立ち技最強格闘技を標榜するSBとして、那須川天心という最強の相手を乗り越えていかないといけないと闘志がわいた。

「那須川君を倒せる選手を育てるにはまだ時間が懸かりますが、那須川君も必ず負ける時が来る。それをやるのはSBです」と、シュートボクサーが那須川に初黒星を付けると予告した。

●編集部オススメ

・【シュートボクシング】S-cup全試合結果=2018年11月18日

・【RISE】那須川天心が初回KO、メイウェザー戦へ必勝宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース