TOP > ニュース

【AbemaTV】女子MMAトーナメント準決勝に臨むMIO「賢く冷静にアツく戦いたい」

2018/11/19(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

怪我のため欠場となったMIOは、レポーターとして活躍

 11月18日(日)東京・両国国技館で開催されたシュートボクシング(以下SB)『S-cup 65kg 世界TOURNAMENT 2018』。

 当初、出場を予定していたSB日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)は、10月27日に行われたAbemaTVで放映中の『格闘代理戦争』でのトーナメント1回戦にて腕を負傷。今大会を欠場し、SBのレギュラー番組のレポーターとしてバックステージで活躍していた。

 12月1日(土)にはトーナメント準決勝を控えており、「それのために今回は出場を回避しました。ずっと小田原のrootsジムで寝技漬けの毎日を送っています。練習はほぼ寝技だけですね」と、MMA(総合格闘技)ルールで行われている今回の試合の課題である寝技に特化した練習を続けているという。

 練習で「MMAの難しさを実感しています」と言い、「あと1年くらい準備期間が欲しいのが正直なところです。今は限られた時間の中で出来ることをやっています。基礎はざっくりとですが分かって来たので、その先を今は教えてもらっています。面白くなってきましたね」と、難しいながらも練習は楽しいとのこと。

 また、姉貴分であるRENAが練習に通っているAACCでも練習を積んでおり、「RENAちゃんの練習を見ていて、やっぱりスゲェなって思いました」と、先にMMAでの実績を積んでいるRENAの凄さを感じた。

 準決勝での対戦が決まった桜井”マッハ”速人推薦・平田樹については「アマチュアしか戦績がない相手ですが、1回戦を見たら戦闘力が高そう。オラオラ系なので面白く出来ると思います」と評した。

 平田は柔道出身で投げ&寝技を得意としている。その相手とどう戦うかと聞かれると「気持ちがデカいですね。向こうも死ぬ気で来ると思うので気持ちで勝つしかない。頭を使って積み上げてきたものを使い、賢く冷静にアツく戦いたい」とする。

 同番組で行われたレジェンド格闘家たちの勝敗予想では、なんとMIOの勝利を予想した人はゼロ。その結果を見てMIOは「さーっと血の気が引いていくのが分かりました(笑)。でも、それは自分が一番よく分かっています。同時に、まあ、見とけよと思いましたね。私、不利な予想とか悪口を言われる方がテンションが上がるんです」と、逆に燃えてきたと話した。

 そして「1回戦で腕十字を仕掛けられた時、仕留めてやろう感が出ていました。超怖かったのでもう寝たくないです」と、寝技に行かず得意の立ち技で仕留めたいと笑った。

●編集部オススメ

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る

・MIOがMMAデビュー戦へ向けて計量クリアー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース