TOP > ニュース

【NJKF】7連勝王者・松谷桐、初防衛戦の相手は武術で鍛える高校生

2018/11/28(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

7連勝の松谷(左)が、同じく高校生ファイター・池上(右)迎え初防衛戦

 12月2日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『NJKF 2018 4th』で、デビュー以来7連勝の高校2年生、NJKFフライ級王者・松谷桐(17=VALLELY)が初防衛戦を迎える。挑戦者は松谷と同じく高校生ファイターで、4位の池上侑李(18=岩崎道場)。

 松谷は昨年10月にデビューしたばかり。今年6月、同じ高校2年生で7連勝中だった一航と王座決定戦を行い、TKO勝利で王座奪取した。

 松谷は挑戦者・池上の印象を「動画で試合を見ましたが、池上選手はその時より確実に強くなっていて油断はできません」と評価し「でも、自分も確実にレベルが上がっているのでいつも通り行こうと思ってます」と平常心で1歳年上の相手を迎える。

強打で無傷の7連勝5KOを達成してきた松谷(右)

「以前はスピードとパワーに頼っていたところがありましたが、練習をしてスタミナやテクニックも上がってきているので、試合では前回よりもっと凄い自分を見せられると思います」とレベルアップをアピールする松谷。「チャンピオンらしい試合をして、派手な技や圧倒的に倒して勝つ」と圧勝での初防衛を予告した。

 対する池上は、高知県出身のファイターで昨年2月にデビュー。所属ジムの岩崎道場ではキックの練習に加え、站椿(たんとう=中国武術の立禅)等の武術的な訓練を行っているという。「技というよりも”動作”のレベルを上げるように言われます。道場で教わることは、武術的なことや運動力学的なことが多い」と語る池上。

 タイトルマッチの今回は「毎回のことなんですが、どんな展開になるのかやってみなければ分かりません。でも激しい展開になることは間違いないと思いますし、楽に勝たせてくれる相手ではないことは分かってます」と激闘を覚悟。「しっかり持ち味を出して戦い、高知へベルトを持って帰ります」と必勝を期した。

【大会・チケット情報】 12・2 NJKF「NJKF 2018 4th」

●編集部オススメ

・松谷桐が無敗高校生対決制し王者に

・女子高生キックボクサーら期待のフレッシュメンバーが参戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース