TOP > ニュース

【K-1】全力男インディゴ・ボイド、1回戦の相手・恭士郎のタフさは「逆に命取りになる」

2018/12/06(木)UP

「俺の爆発力と攻撃の破壊力に注目して欲しい」とボイド


 12月8日(土)エディオンアリーナ大阪・第1競技場にて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』。同トーナメントに出場するインディゴ・ボイド(25=オーストラリア)は、ムエタイの盛んなオーストラリアで、ISKAオーストラリア他いくつもの地域タイトルを獲得している強豪だ。

 1回戦でWMAF世界スーパー・ライト級王者・恭士郎(31=士魂村上塾)と対戦するボイド。恭士郎のことは「ガンガン前に出て来るタフな選手という印象だが、それが逆に命取りになるだろう」と予告。

 試合展開については「始まったらKOでぶっ倒すつもりで行くし、恭士郎に反撃の隙を与えるつもりはない。手に汗握るハラハラした試合になるはずだ」と最初からエンジン全開でKOしに行くと予告。

パンチでKOした恭士郎(右)

 トーナメントの他選手については「俺の目標はK-1のチャンピオンになることだ。その道を阻む相手は誰だろうと戦って倒す」と、不敵な発言。

「オーストラリアではK-1ルールの試合がほとんどなくて、ムエタイルールで試合せざるを得ない。でも個人的にはK-1ルールの方が好きだし、自分に合っていると思う」とK-1ルールではより強さを発揮できると言う。

 ファンに向け「俺の爆発力と攻撃の破壊力に注目してほしい。俺は飛び技が好きで、全身のエネルギーを相手にぶつけるスーパーマンパンチ(ジャンプしながら打つパンチ)が得意技だ。会場を盛り上げる事を約束しよう」と全力の大技を披露するとメッセージ。

「俺は最初からフルスロットルでいく! スピーディーで激しい試合になるから瞬きせずに見ててくれ。必ず俺が優勝する!」と強気に優勝を宣言した。

●編集部オススメ

・恭士郎、16戦無敗の石田を激闘の末にKO

・卜部功也が世界トーナメント欠場、WMAF世界王者・恭士郎が代役に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース