TOP > ニュース

【RIZIN】生まれ変わった矢地祐介「寝ても立っても盛り上げる」

2018/12/14(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

笑顔を浮かべながらシャドーボクシングをする矢地は「絶好調」

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催の『RIZIN.14』に出場する、矢地祐介(28=KRAZY BEE)が14日(金)都内にて公開練習を行った。

 2分間のシャドーボクシングを披露した矢地は、ハイキックや飛びヒザ蹴りも繰り出して「絶好調」と切り出した。

「前回の試合(8月にルイス・グスタボと対戦してKO負け)が終わってから、6週間全く動かず休んでダメージを抜きました。俺は前に進むしかないし、上を目指していくしかない。負けたことは良くも悪くもそこまで深く考えてないです。弱かったから負けた、それだけです。いつか負けるとは思っていたんですよ。まだ俺は完成形じゃないし。分かっていたけれど、やらないといけないことがなあなあになっていたので、もう一度本腰を入れて取り組もうというきっかけになりました」と、敗れたことで気が引き締まったという。

 具体的には「全体的にフィジカルだけで雑に戦っていたので、そこを見つめ直してもっと丁寧に、総合格闘家として初歩のところからやり直しました」と一からまた作り上げたようだ。

 対戦するジョニー・ケース(29=アメリカ)はレスリングをバックボーンに持ち、2007年にMMAプロデビュー。2014年からはUFCに参戦し、徳留一樹にフロントチョークで一本勝ちするなど4連勝を飾った。ライト級トップ戦線に食い込むも連敗してUFCを離れ、以後はアメリカの準メジャー団体で試合を続けている。23勝のうち15勝が打撃による勝利で、1RでのKOが14勝もある。

 矢地はケースとの対戦が決まって「嬉しかったです。久しぶりにちゃんとした相手だったので自分より格上で実績があって、映像もたくさんあるから研究できるし作戦も立てられる。強いヤツとやるのが好きなので、自分の強さを知らしめたい」と気合い十分。

「実績を見た時に勝ち越しているし、KOも多い。ヤバいなって思ったけれど、映像を見たらそこまで飛び切りに強いわけじゃなかった。これならやれる、いい勝ち方が出来るって、俺を含めてチームのみんなが思った」と勝利への自信もある。

 試合展開については「打撃の勝負になると思うけれど、前回負けているから勝ちが欲しいし、お祭り男として大いに盛り上げる試合をしますが、しっかり総合格闘家らしいところを見せたい。寝技でも盛り上げられる攻防や技術を8月からの期間でいろいろ試したり習得しました。寝ても立っても盛り上げられる総合格闘技をやりたい」と、新しい矢地を見せたいという。

 今年9月には、ジムの代表であり師匠である山本”KID”徳郁が死去するという悲しい出来事もあった。矢地は「俺が引っ張っていかないといけないし、日本の格闘技界も盛り上がっているのをさらに燃え上がらせないといけない。俺一人で引っ張る気はないけれど、ブームをもう一度作るために俺が出来ることを精一杯やりたい。しっかり勝って天国のKIDさんに“KRAZY BEEはもう大丈夫だ”と思ってもらえる試合をしたい」と誓った。

午前に行われる「やれんのか!」で川村虹花との対戦が決まったあい(左)と。KRAZY BEEの強さを2人で見せつけることが出来るか

 2019年には『RIZINライト級グランプリ』の開催が発表されており、矢地には日本のエースとしての期待がかかっている。「もちろん優勝したい気持ちが強いです。でも、ここ最近RIZINに参戦している選手もそうだし、ベラトールからも強い選手が集まるグランプリになると思いますね。甘いもんじゃない。

 そのために、まだまだ時間があるから強くなっていきたい。自分はまだ未完成なので、ひとつずつ足りないところを埋めていけば世界に通用するポテンシャルを持っていると思っています。試合をしながらひとつずつ強くなっていきたいです。そして、優勝して俺のための大会だったと言いたい」と、来年へ向けての意気込みも。

 大みそかは午前中に行われる『平成最後のやれんのか!』も含め、ライト級グランプリへ向けてサバイバルマッチが繰り広げられる。矢地が注目しているのは「初参戦の外国人勢。それなりの実績を積んできているので、そいつらがRIZINの選手ととどう戦うのか、誰が生き残るかに純粋に興味がある」とのこと。

 今回はいつもと比べて真面目なコメントが多かったが、「ヘラヘラばかりしていられないですよ。今回は勝負どころ、崖っぷちなので連敗は許されない。そういう姿勢を見せます。矢地は実はちゃんとしているところをたまには見て欲しい」とし、多くのファンから指摘されている長髪についても「切るか切らないかも含めて試合前に美容院を予約してあります。どうなるかはリングインまで楽しみにしていて欲しいですね」と予告した。

 そして「今回は並んでいるカードもガチものが多い。vs世界で日本人のお祭りになればいいですね。日本人が活躍して、俺もほかの選手も日本人がみんな勝って日本人強いなって。そういう印象を残す平成最後の祭りにしたい」とぶち上げた。

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FIGHTING FEDERATION「Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!」

●編集部オススメ

・矢地祐介「俺は叩き上げの雑草ファイター。悔しんでる時間なんてない」

・2019年ライト級グランプリを開催、世界各国から16名を選出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース