TOP > ニュース

【ROAD FC】1年ぶり復帰の女王ハム・ソヒ、V2戦の計量パス

2018/12/15(土)UP

ROAD FCアトム級タイトルマッチで対戦する王者ソヒ(左)と挑戦者パク(右)

 12月15日(土・現地時間)韓国・ソウルのグランドヒルトン・コンベンションセンターで開催される総合格闘技大会『ROAD FC 051 XX』の前日計量が、14日(金・同)に行われた。

 今大会のメインイベントはROAD FC女子アトム級(-48キロ)タイトルマッチ。2度目の防衛を目指す王者ハム・ソヒ(31=韓国)は48.4キロ、挑戦者のパク・ジョンウン(22=同)は47.9キロで、それぞれ計量をパスした(500グラムまでの超過が認められている)。

 試合に向けた意気込みを尋ねられると、ソヒは「この場で明日の試合について語りたくはありません。特に今回はさまざまな言葉を耳にし、思うところも多々あります。私の隣にいるパク・ジョンウンには、謙虚さと高潔さを持ち合わせたファイターに成長して欲しいと思います」と相手を牽制するようなコメント。対するパクは「明日の試合でお見せします」とだけ述べた。

昨年6月のROAD FC女子アトム級王座決定戦で、当時のDEEP JEWELS同級王者・黒部三奈(下)にTKO勝ちしたソヒ(上)

 ソヒは2013年5月にDEEP JEWELSアトム級王座を獲得し、翌年12月からは韓国人女性として初めてUFC参戦も果たしたパイオニアだ。国内復帰戦となった昨年6月の初代ROAD FC女子アトム級王座決定戦では、当時のDEEP JEWELS同級王者・黒部三奈に3R・TKO勝ち。

 同年12月の初防衛戦でも、現Invicta FC同級王者ジン・ユ・フレイを初回KOに下し、健在ぶりを存分にアピールした。その後は負傷もあって戦線離脱を余儀なくされており、今回の試合が1年ぶりの復帰戦となる。

 一方のパクは伸び盛りの若手エース。近年は日本を主戦場としており、黒部と現DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智に敗れはしたが、いずれも判定まで持ち込んでいる。ROAD FC凱旋となる今大会で、王座奪取とともに母国の先駆者超えを目指す。

●編集部オススメ

・【DEEP JEWELS】ハム・ソヒが石岡沙織に逆転一本勝ち

・【DEEP JEWELS】“女狼”パクが富松恵美との接戦を制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース