TOP > ニュース

【格闘代理戦争】松本薫が青木真也推薦選手・古瀬美月に柔道を指導

2018/12/21(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

松本の指導を受ける古瀬。推薦者の青木(右)も加わっての練習が行われた

 インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」にて放送中のレギュラー番組『格闘代理戦争3rdシーズン』の女子トーナメント戦が、12月29日(土)に決勝戦を迎える。

『格闘代理戦争』は、格闘技界の次世代スターを誕生させる「格闘ドキュメンタリー番組」で、格闘技界のレジェンドや現役選手がそれぞれ推薦選手(代理)を指導。その選手たちがトーナメントで対戦し、優勝者は賞金300万円とアジア最大規模の活動をしている格闘技団体『ONE Championship』との契約などを得るというもの。3rdシーズンでは女子8選手によってMMA(総合格闘技)ルールのトーナメントが行われている。

 2試合連続一本勝ちで決勝に進出した青木真也推薦の古瀬美月が、決勝戦に備えて2012年ロンドン五輪柔道女子57kg級金メダリスト・松本薫をスペシャルコーチに迎えて特別練習を行った。

 松本は試合中の鬼気迫る表情や、その圧倒的な強さから「野獣」や「アサシン」と呼ばれ、2012年ロンドン五輪で金メダル、2016年のリオデジャネイロ五輪でも銅メダルを獲得し、結婚・出産を経て復帰を果たした。

 古瀬の決勝戦の相手・平田樹(桜井“マッハ”速人推薦選手)は元DEEPライト級王者・横田一則の弟子で、柔道歴は12年。高校時代に全国大会出場経験を持ち、9月に開催されたアマチュアDEEP JEWELSでも圧倒的な強さで勝利を収めている。今回は桜井”マッハ”速人の推薦を受けての出場。1回戦では秋山成勲推薦選手に腕十字で勝利、準決勝ではシュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIOをスリーパーホールドで絞め落とす衝撃決着で決勝へ進出した。

 中学時代に柔道を学ぶも「挫折」して辞めた経験を持つ古瀬に、松本が柔道を指導。そして平田樹に対する秘策を伝授したという。

 2人の練習模様は12月22日(土)夜10時から放送の『格闘代理戦争3rdシーズン』でオンエアーされる。

●編集部オススメ

・古瀬美月と平田樹が一本勝ちで決勝進出=準決勝

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る=1回戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース