TOP > ニュース

【DEEP】石司晃一、DJ.taikiに憶することなし「どんな局面でも勝てる」

2018/12/21(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

激戦が予想されるDJ.taiki(左)vs石司(右)

 12月22日(土)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 87 IMPACT』の前日計量が、21日(金)都内にて13:00より行われた。

 第7試合で対戦する、第4代DEEPバンタム級王者DJ.taiki(36=パンクラスイズム横浜)と石司晃一(31=フリー)はともに62.85kgで契約体重の63.0kgをクリアー。

 DJ.taikiは2014年4月にキックボクシングでプロデビュー後、同年10月からはMMA(総合格闘技)に出場。DEEPのほかにもRIZIN、パンクラスに参戦し、シュートボクシングやK-1にも挑んだマルチ格闘家だ。切れ味鋭い打撃とテイクダウン&コントロールの強さを発揮し、2013年4月にDEEPバンタム級王座を奪取。2016年10月の初防衛戦から3連敗を喫していたが、今年8月のDEEPで横山恭典に勝利して連敗を脱出した。

 対する石司はパンチとヒザ蹴りの強さを武器にプロ9戦無敗のまま、昨年5月にDEEPバンタム級王座に挑戦するも2-3で僅差の判定負け。続いて7月にフェザー級王座に挑むも敗北した。しかし12月、今年2月と連続1Rフィニッシュ。10月大会でも勝利と3連勝して再び波に乗っている。

 計量を終えたDJは「相手の試合映像がなくて研究できていないから、明日は無心で戦います」、石司は「自分の動きが出せるように頑張ります」とそれぞれコメント。

 両者とも殺傷能力の高い打撃を持ち、テイクダウン&寝技も強い。DEEP屈指の好カードと前評判も高いこの一戦だが、石司は「向こうはフェザー級でやっていたからやることになるとは思っていませんでした。僕は相手は誰でもいいですよと言っていたので、特に驚かなかったですね」と、この試合のオファーが来てもいつも通りだったという。

 DJの印象は「基本的には投げと打撃と、テイクダウンからグラウンドコントロールでも優勢に進める選手ですね。あと勝負強い印象があります。ここでってところで倒せる力もある。それくらいですかね」と評するが、「名前があるとかないとかは特に意識していません。侮っているわけではありませんが、自分の動きで出し切れれば問題ない相手だと思っています」と強気な発言。

「打撃で来てもテイクダウンに来ても、油断しなければ何をやって来ても問題ない。普段やっている通りの動きが出せれば、どんな局面でも勝てると思っています」

 2018年を締めくくる一戦であることについては「今回しっかり勝って、次につなげたい」とし、今年届かなかった大舞台参戦については「そこは実力を付けて結果を出せれば、見えてくるものだと思います。目の前に集中して、ひとつひとつやっていきます」と、焦らずに一歩一歩進んでいくと話した。

<各選手のコメント>

▼第6試合 DEEPフェザー級 5分3R
長倉立尚(吉田道場)
「初めてのライト級なのでどれくらい出来るか楽しみです。ベストのパフォーマンスを尽くせるように頑張ります」

大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
「長倉選手は憧れの選手でもありますが、明日は自分のやってきたことを出し切って勝ちたいです」

▼第5試合 DEEPバンタム級 5分3R
北田俊亮(パンクラスイズム横浜)
「タイトルマッチで負けてしまって、まだ自分が強くなっていることを今回の試合で証明したい」

白川”Dark”陸斗(志道場)
「素直に北田選手に対戦受けてくれて感謝しています。その感謝の気持ちを込めてケージに沈めたい」

【大会・チケット情報】 12・22 DEEP事務局「DEEP 87 IMPACT 後楽園」

●編集部オススメ

・屈指の好カード、DJ.taikiと石司晃一が激突

・石司晃一の強打がさく裂、初回TKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース