TOP > ニュース

【RIZIN】朝倉未来を迎え撃つリオン武、右のパンチで勝負と予告

2018/12/25(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

マススパーでもミット打ちでも、ひたすら右のパンチを打ち続けたリオン(右)

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催の『RIZIN 平成最後のやれんのか!』に出場する、第5代&第7代修斗世界フェザー級王者リオン武(38=ライジングサン)が25日(火)横浜市内にて公開練習を行った。

 マススパーリングとミット打ちをそれぞれ2分間ずつ披露したリオンだが、繰り出した技は右ストレートのみ。それも間合いを測って一発入れては再び間合いを測る、というような変わった練習風景だった。

 その理由をリオンに聞くと「自分が勝つ武器は右(のパンチ)だと思っているので。昔から得意ですが、みんなに研究されているので、また当てるために研究しています」という。

「出稽古に行っているKRAZY BEEには右ストレート職人が2人いて、田村一聖選手(パンクラス・フェザー級4位)と朴光哲(元ONE世界ライト級王者)さん。2人とも右を当てるのが上手いので教わっています。お互いに意見交換をして、自分なりの右を当てる感覚が少しずつ分かってきたところです。まだまだ修行中ですが常に磨いています」と、もう一度“必殺技”にするために練習中。

 リオンは修斗を主戦場に様々な国内外のプロモーションで活躍し、2016年9月の試合を最後に戦線を離れていたが、今年5月に修斗で復帰。現修斗世界フェザー級王者に判定で敗れたものの、2年ぶりの試合とは思えないコンディションの良さを見せ、9月の復帰第2戦では現修斗環太平洋フェザー級王者を破った。

「それなりにやれていると思っています。今38歳ですが20代の頃よりも確実に強いですね。技術もフィジカルも。3年前に5連敗した時があって、その時からトレーナーに見てもらって確実に強くなっています」と、世界王者時代よりも今の方が強いと自認している。

 今回オファーをもらって「ビックリしました。なんで俺なんだろうって。多分、朝倉未来君の相手がいなかったからじゃないですか」と笑うが、「凄く嬉しいですね。ありがたいです。平成最後の大みそかに声をかけてもらって、選手冥利に尽きる。長くやっていてよかったです」と再び大舞台に上がることを素直に喜ぶ。

 対戦する朝倉に関しては「振りの大きい鋭い打撃と、クレバーな面もある。強豪選手だと思います。日沖選手をハイキックでKOした印象が強いです。日沖選手が調子を落としていたのもあるし、もしかしたら…とは思っていました。日沖選手の動きが悪かったですね。スピードもなかったですし。日沖選手は同世代のスーパースターなので、悔しい気持ちもありました」と、自身も2010年5月に修斗で対戦して敗れている日沖発が、朝倉に敗れたことは気になったようだ。

 その朝倉はリオンのことを「ビッグネームなんですか? 俺は知らなかった。名前を聞いても無名と思っていました」と知らなかった。リオンは「13歳違いますからね。出ている団体も違いますし、世代が違うんだなと思う。僕がDREAMに出ていたのが7年前、もう忘れ去られているなと。切ないものがあります(笑)。まあ、どのスポーツもそうでしょうからしょうがないですよ」と苦笑い。

 しかし、ベテランとして朝倉にプロの厳しさを教えてやろう、というような気持ちは全くないという。

「対戦相手にどうこうはないですね。デビューから15年経っていますし、やってやろうみたいな気持ちはないです。今は自分自身を磨いているのが楽しいんですよ。技術を磨いて、自分を高めていくという自分との戦いだと思っています。

 20代の時はリングで総合格闘技をやっていました。今は進化してそれがMMAになった。僕も今年復帰して、MMAという競技を一からやり直している気持ちなので、同年代のアラフォーの人たち全員に、今から何をやっても頑張ればいけるんじゃないかって思って欲しい。そういう熱いものを見せたいです。

 昔は総合格闘技でチャンピオンになりましたが、今の僕は新しいMMAという競技にチャレンジしている立場で新人選手の気持ちです。だから毎日が楽しいです。38歳でドキドキしています。MMAという競技で僕よりも年上の先輩たちがまだ第一線で頑張っているので、僕なんかまだまだ若輩者です」と、フレッシュな気持ちで練習していると話した。

 そして、朝倉の「右ストレートを狙っているのは分かったので、フェイントで出させてカウンターを合わせてやりますよ」との発言に対し、「それは大丈夫。クソ強いメンバーと練習しているので。彼は絶対にクレバーです。よく研究してくると思います。試合を見ていればそれは分かります。そうなるとやっぱり右かな。自分の武器は右しかない。それが絶対的な勝負のカギになります。それにお客さんも分かりやすいでしょう?」と、右のパンチで勝負をつけると予告した。

●編集部オススメ

・朝倉未来はリオン武を「知らなかった」、兄弟で大みそか盛り上げる宣言

・【修斗】斎藤裕が現世界王者の意地を見せ、粘るリオン武を振り切る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース