TOP > ニュース

【K-1】クルーザー級王者シナ・カリミアンに加藤久輝が挑戦

2018/12/28(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

お互いがハードパンチャーのため激闘必至のカードである

 2019年3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される年に一度のビッグマッチ『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』』の記者会見が、12月27日(木)都内にて行われた。

 K-1 WORLD GPクルーザー級王者シナ・カリミアン(30=イラン/WSRフェアテックス・イラン)が加藤久輝(36=ALIVE)とタイトルマッチで激突する。

 カリミアンは130戦以上のアマチュア経験を持ち、アマチュアでは5度世界王者となったが、イランではプロ活動が認められていないためイラン国外でプロとして活動。9月に行われた「K-1 WORLD GP初代クルーザー級王座決定トーナメント」に参戦し、2メートルの長身を生かしたリーチと多彩な足技を武器に制覇。見事チャンピオンに輝いた。今回が初防衛戦となる。

終始にこやかに話した加藤

 対する加藤は、大道塾の総合武道・空道で全日本体力別選手権5連覇、全日本無差別選手権3度優勝。MMAではアメリカの『ベラトール』で、タイトルマッチも経験するなどトップクラスで活躍している。今年6月K-1に初参戦し、国内重量級トップファイターの上原誠を撃破。9月のトーナメントは、ベラトールとの契約上出場が叶わなかったものの、11月大会ではRUI(27=K-1ジム蒲田チームキングス)に1Rで圧巻のKO勝利を収め、カリミアンに挑戦をアピール。

 そのアピールが届き、今回念願のタイトル初挑戦となる加藤は「前回リングの上でアピールしてよかったです。王者、試合を受けてくれてありがとう。いつも通りアグレッシブさ全開で激しい試合をしたいと思います」と嬉しそうに語った。

カリミアンはサングラスをかけて会見に出席

 対するカリミアンは「この試合に関して特に何も思っていません。他の試合と同様に全力を尽くして頑張りたいです」と、試合に対して特別感は感じていないようだ。

 対戦相手の印象に関する質問が飛ぶと、加藤は「クルーザー級トーナメントを見て、(カリミアンは)ドラマチックな展開が好きそうなので面白い試合になりそう。気持ちの強い選手だと思っています。プレッシャーに負けないで前に進むのが鍵じゃないかなと思います」とガンガン攻めると宣言。

 対するカリミアンは「私は他の試合と同様に全力でベルトを守る。私は加藤選手のようにおしゃべりではないため、リングの上で試合を見てもらいたい」ときっぱり。

 すると加藤は「一人で、この試合が売れるように頑張ります(笑)」と一人で盛り上げていくと笑った。。どこまでも相容れない二人が3月の祭りでどのような化学変化を起こすのか。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・身長2メートルの巨人・イランのカリミアンが決勝でダウンを奪い、初代クルーザー級王座に就く

・加藤久輝が破壊力抜群の一撃KO勝ち、王者カリミアンに挑戦アピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース