TOP > ニュース

【RIZIN】山本美憂「エキサイティングな試合が出来ると思う」

2018/12/29(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

好調そうな笑顔を見せる山本

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』に出場する選手たちの個別インタビューが、29日(土)都内で行われた。

 第8試合で長野美香(35=CORE王子豊島)と対戦する山本美憂(44=KRAZY BEE/SPIKE22)は「いつもの49kg契約ではなく、今回は51kg契約なので減量が少なくて嬉しい、体調もいい感じです」と笑顔。

 対戦する長野はレスリングの名門・中京女子大学レスリング部出身で、2002年4月の『ジャパンクイーンズカップ』で55kg級4位(優勝は大学の1年先輩である吉田沙保里)、2004年51kg級で4位の実績を持つ。2007年12月にMMA(総合格闘技)でプロデビューした。

 山本は「初めてレスラー出身の選手とやるので凄く楽しみ。タックルの取り合いになるのか、エキサイティングな試合が出来ると思う。腕を凄く狙ってくる選手ですね。自分はアームバー(腕十字)で2回負けているので、そうならないように細かいことをやってきました。自分のペースでいけるようにガンガン攻めていきたい。長野選手はレスリング出身でグラップラーなので素晴らしい試合が出来ると思う」と長野を評し、好試合になることを予感しているようだ。

 グアム合宿の成果については「総合的に全部やりましたが、グラウンド(寝技)の練習をいっぱいやりました。長野選手はグラウンドワークが強い相手ですし、立ち技もしっかりやってきました」とする。

「今回、試合が前回から続いているので凄く気分を作りやすく、自分はレスリング出身なのでポンポン試合があった方が調整がしやすい。凄くいい感じで仕上がっているので、いい試合をお見せできるように頑張ります」と、ベストコンディションで臨む。

 今大会では息子の山本アーセン(22=KRAZY BEE)も試合をする。そのことについては「今までに2回やって、1回目はアーセン勝って私が負けました。2回目は2人で負けました。今回は2人で絶対に勝ちます」と初の親子勝利を誓った。

 また、入場曲は「今回はKIDというよりもKIDの家族への想いを込めたものにしました」と、9月18日に41歳で死去した弟・山本”KID”徳郁の家族へのメッセージ的なものにしたと言い、観戦には「ハワイから全員みんな来ています」という。KIDへの想いを聞かれると「いつも心にいます」と答えた。

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FIGHTING FEDERATION「Cygames presents RIZIN.14」

●編集部オススメ

・山本美憂の対戦相手は長野美香に決定

・山本美憂が大きな進化を見せて石岡沙織から勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース