TOP > ニュース

【ボクシング】”モンスターの弟”井上拓真が計量クリア、「勝てる」=大橋会長

2018/12/29(土)UP

フェイスオフで更に気合が入る井上拓真

 12月30日(日)に大田区体育館で行われるトリプル世界戦で、WBC世界バンタム級暫定王座決定戦に出場する同級5位の井上拓真(23=大橋)と同2位のペッチ・CPフレッシュマート(25=タイ、本名タサーナ・サラパット)が29日、都内で計量を行った。

 世界3階級制覇を成し遂げ、現在WBAバンタム級王者に君臨する“モンスター”井上尚弥の弟である拓真は53.5㎏、ペッチも53.5㎏でともにリミットちょうどでクリア。
 元OPBF(東洋太平洋)スーパーフライ級王者の拓真は2016年末にバンタム級で世界挑戦が決まっていたが、拳の負傷で挑戦を見送った過去があり、今回は待望の世界戦。

大橋ジムで共に汗を流す井上尚弥と拓真

 所属する大橋ジムの大橋秀行会長は「今の拓真からは、いつも以上に充実感がヒシヒシと伝わってくる」と語った。
「尚弥の世界戦の時は、尚弥はまだ若かったし、デビュー6戦目での世界戦だったからナーバスだったけど、拓真はこれだけ経験を積んできたから、普通にやって勝てると思う」と、ケガで遠回りして今回の試合までに12戦全勝(3KO)という経験を積めたことがプラスになったという。

「ただ、相手のペッチも減量がうまくいったみたいで肌ツヤがいい。タコができたすごい拳をしてる」と警戒する。

「勝負のポイントは連打だ。真吾さん(拓真の父でトレーナー)とも、そこを詰めてきた」という大橋会長。その言葉通り、連打で倒して兄・尚弥を超えるインパクトで世界奪取だ。

●編集部オススメ

・”モンスターの弟”井上拓真「ナオ以上のインパクトを残したい」

・井上拓真、待ちに待った世界挑戦に「必ず獲れる自信がある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース