TOP > ニュース

【RIZIN】白鳥大珠、那須川天心に「見とけよ」

2018/12/30(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

白鳥はインパクトを残してKO勝利し、来年のタイトルマッチに繋げられるか

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN 平成最後のやれんのか!』に出場する選手たちの個別インタビューが、29日(土)都内で行われた。

 第3試合に出場し、64.0kg契約・キックボクシングルール3分3Rで対戦する元WPMF日本スーパーフェザー級王者・白鳥大珠(22=TEAM TEPPEN)、ウザ強ヨシヤ(22=テッサイジム/team REBEL)の2選手が会見に出席。なお両者は。30日に行われた前日計量を白鳥は64.00kgで、ウザ強は63.90kgでクリアーしている。

 白鳥は「試合は急に決まったが、大みそかに出るつもりでいたのでばっちりです」と元気そうに語った。

 ウザ強の試合は1試合だけ見たと言い「動き回るタイプですね」と分析し、「正直ここでつまづく訳にはいかないので、格の違いを見せ付けて2R以内にKOします。会場も大きいので派手な技でKOしたいと思っています」と大観衆の前での圧倒的勝利を誓った。

殺気ある眼光で計量をクリアーした白鳥

 フィニッシュは「蹴り技で倒したいと思っています。良いカードが揃っているし地味に判定でも意味がないので、インパクトをのこして勝ちたいです」と言い切る。

 さいたまスーパーアリーナという大舞台での試合に「さいたまでいつかは戦いたいと思っていたので、決まってからずっとワクワクしていました。会場が大きい方が緊張しないんで」と胸を躍らせる。

 那須川天心(20=RISE世界フェザー級王者)とは練習仲間の白鳥だが「小学校のときから練習を一緒にしていて(天心の活躍を見ると)正直悔しい気持ちもあります。自分がやっぱり一番なので、追い抜かすというか見とけよという気持ちです」と天心の活躍が大きな刺激となっているようだ。

ウザ強(右)に舌を出して挑発されるも全く動じず、にらみ付ける白鳥(左)

 白鳥自身幼い頃、K-1で反逆のカリスマと呼ばれた魔裟斗に憧れていたようで「自分が格闘技をやっているのはスターになりたいからでもあって、来年タイトルマッチも決まっているので、1年で変化が訪れるようにしたい」と今後の活躍を強く誓った。

 対するウザ強は「今回出場出来て、年末を格闘技で締めることが出来て超嬉しいです」と同じく参戦に喜びを感じているようで「今まで練習でやってきたスキルで相手に合わせるだけではなく、自分の戦い方をしようと思っています。どんな戦いになっても圧倒的に勝とうかなと思っています」とこちらも勝ちに自信を覗かせた。
 

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FIGHTING FEDERATION「Cygames presents RIZIN 平成最後のやれんのか!」

●編集部オススメ

・“超イケメン”白鳥大珠が初参戦、プロハースカの対戦相手変更

・ボクシング帰りの白鳥がダウン奪って北井に圧勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース