TOP > ニュース

【RIZIN】那須川天心、メイウェザー戦後全コメント「今日のことは絶対に忘れない」

2019/01/01(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

悔しさをにじませながらも、時には笑顔やジョークを交えながら、記者たちの質問にしっかり答えた那須川

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.14』のメインイベントで、プロボクシングで50戦無敗、5階級制覇を達成したフロイド・メイウェザー・Jr(41=アメリカ)に挑み、初回2分19秒、3度のダウンを奪われてTKOに散ったRISE世界フェザー級王者の那須川天心(20=TARGET/Cygames)が試合後、メイウェザー戦を振り返った。

 以下、記者陣との質疑応答。

――試合の感想からお願いします。

「なんかいろいろ初めてなことが多くて、いい経験になりました」

――今の心境は?

「悔しかったですね。本気でいけると思っていたので。こんなにも悔しいことはない」

――対戦したメイウェザー選手については。

PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

「最初は凄いナメてきて、ストレートが一発入ったんですね。当てたら凄いプレッシャーをかけてきて、正面のストレートを当てたんですけれど、そっちに気を取られていて次にフック。それでダウンですね。スリップ気味だったんですが、立とうとしてなかなか立てなくて。頭がグラングランしました」

――メイウェザー選手は戦績には関係ないからと言っていました。

「エキシビションなので負けにはなりませんが、心には一生残りますからね。メイウェザー選手は3R避けて、避けてで来ると思っていたんですが、倒しにきてくれたので。自分は絶対に下がらずに勇気を持って前に出るつもりでした」

PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

――RIZINのイベントでメイウェザー選手と戦ったということに関しては?

「今日は悔しいですがまた次、頑張ります。これ以上もう怖いものはないですから」

――今後の目標は?

「こういういい経験を、誰も対峙したことのない、唯一メイウェザー選手とやり合えた。そういう経験が出来たのがありがたいです。この経験を生かして次に向かって頑張りたいです、皆さんの応援が力になりました」

――キックボクシングとの違いは?

「ボクシングだからというわけではなく、プレッシャーが凄かったですね。最初はナメた感じで来たんですが、打とうとするだけで全部フェイントしてくるんです。やはり一流だなと思いました」

PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

――体格の差は感じた?

「めちゃめちゃ感じました。リングで向かい合ってみて分かりました。計量の時はそんなに感じなかったので」

――今までもらったパンチとのメイウェザーのパンチは違った?

「全然違いますね。これ以上強いのはないと思います。もう怖いものはないと思います」

――今日の経験を踏まえてジャンルを含めてどの試合を中心に行きますか?

「ジャンルというか、次は3月にRISEの世界トーナメントが決まっているので、そこへ向けてしっかり調整していきたいです。この経験は何よりも大きいものだと思います。今日のことは絶対に忘れないです」

――世界中で話題になるカードでしたが、決まってからのことを振り返ってどうですか?

「長かったようで短かったな、という感じです。アメリカへ行って。たくさんの人に応援してもらえましたし、いろいろな人に協力してもらえました。結果はいい方向ではなかったですが、勇気だったり挑戦することだったり、見せられたことはいっぱいあったので。もっと強くなりたいです」

PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

――この試合で得た最大の収穫は?

「トレーニングはこのスタイルを変えずにやっていこうと思っています。収穫はメイウェザー選手の技を盗めたかなって思います。やられたことは絶対に忘れないので、それを全部吸収して、やられたことを他の選手にやってやろうかと思います」

――その具体的なテクニックは?

「フェイントの仕方だったり、ポジショニングだったり、パンチの打ち方だったりですね。真似というか盗もうと思っています。でも、普段の態度は真似したくないです(笑)」

PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

――左ストレートが当たった時の手応えは?

「渾身のパンチだったので。そこからですね、顔色が変わったのは。圧力を倍以上感じたので。手応えは、倒れるほどではなくて、届いたって感じがありました」

――いつもの試合より動けていなかったように見えたが?

「そうですね、動いたつもりだったんですが、動けなかったかもしれないですね。試合前から来るのかこないのかということもあったし、バンテージを巻きなおしさせられたり。(約束の時間に)遅れてきたのにふざけるなって感じじゃないですか。そういうのも作戦だったのかなっていうのはありました。だからと言って、それがなかったら結果が変わったということはないですが」

――研究されているという感覚は?

「ありました。自分は動くタイプですが、動こうとするところを潰してきたり、プレッシャーをかけてきたり。前に前に来て体格差を生かしてきたと思います」

――これから身体の大きな選手ともし戦うとしたら。

「そんな試合はメイウェザー選手だからやったので、今後はほぼないと思います」

――ダメージがあったと思いますが、どれくらいで抜けそうですか?

「今までダメージを受けたことがないので分からないです。すぐ抜けるんじゃないですか。自分でも分からないです。ダウンを取られて、こんなんなんだ、今まで自分がこれをやっていたんだって思いました(笑)。効いたことがないんですが、効くって怖いなって思いました。セコンドの方を見たんですが、斜めになって見えました。立とうとしたんですが足が言うことをきかなかったです。気持ちは立とうとしていたので、ビックリしました」

●編集部オススメ

・メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

・メイウェザー試合後コメント「コンタクトスポーツには良い時も悪い時もある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース