TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川天心vsメイウェザーの瞬間最高視聴率、同時間帯で民放トップに

2019/01/06(日)UP

メイウェザーと打ち合う那須川天心

 2018年12月31日(月)にフジテレビで放送された「RIZIN 平成最後のやれんのか!」および「Cygames presents RIZIN.14」の4部構成の中で最も高かった平均視聴率が7.5%と過去3年間で最も高い平均視聴率を叩き出したと1月2日に各社が報道したが、RIZIN事務局は5日、瞬間最高視聴率を発表し、那須川天心vsメイウェザー戦が行われた23時21分に12.2%と同時間帯では民放トップであったと発表した。

 23時21分はイーファイトの調査では那須川がプロ初ダウンを喫した瞬間が、ちょうど21分にさしかかったときだった。23時22分を指してすぐに3度目のダウンを喫し試合終了となった。

RIZINの瞬間最高視聴率は那須川が初ダウンを喫した瞬間=写真(C)2015 RIZIN FF

 平均視聴率では1位はNHK「紅白歌合戦」の41.5%、瞬間最高視聴率はサザンオールスターズで45.3%と民放各社は遠く及ばないが、
2位は日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」が1部(18:30~)14.3%、2部(21:00~24:30)12.8%と9年連続民放トップとなった。瞬間視聴率は18.5%。
3位はテレビ東京「第51回年忘れにっぽんの歌」(16:00~22:00)で8.1%。
4位 フジテレビRIZIN第4部(22:50~23:45)7.5%で、昨年の同大会の最も高かった平均視聴率・第2部の6.4%よりも1.1%アップした。
5位 TBS「SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ」第2部(19:47~20:52)6.9%。
6位 テレビ朝日「よゐこの無人島0円生活SP」第1部(18:00~19:00)6.7%と、3位から6位まで6~8%の中でのせめぎ合いとなった。

●編集部オススメ

・【RIZIN】メイウェザーが那須川を初回TKO、3度ダウンを奪う

・【RIZIN】メイウェザー試合後コメント「コンタクトスポーツには良い時も悪い時もある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧