TOP > ニュース

【RIZIN】川村虹花をTKOしたあい、山本KIDに「いい姿が見せられた」

2019/01/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

プロデビュー戦で注目度の高い相手にTKO勝ちしたあい PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

 12月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN 平成最後のやれんのか!』で、川村虹花(22=かわむら・ななか/仮面女子)に1R3分、TKOで勝利したあい(29=KRAZY BEE)が試合を振り返った。

 あいはレスリングでインターハイとインカレの優勝歴を持ち、世界学生選手権で3位になった経歴を持つ。AbemaTVの『格闘代理戦争』で行われた女子トーナメントに参戦し、一躍有名になった。今回がプロデビュー戦。対する川村はアイドルグループ『仮面女子』のメンバーで、現役アイドルにして2017年12月にセミプロルールでMMA(総合格闘技)に初挑戦。2018年3月にプロデビューを果たし、2勝2敗でRIZINに初参戦して話題を呼んだ。

 試合は、川村が右ストレートを連続ヒットさせたところであいが組み付き、粘る川村をテイクダウン。マウントを奪い、パウンドを連打して抵抗する川村にも攻撃の手を休めず、レフェリーが試合をストップした。

前日計量で川村虹花と

「打撃では相手の方が全然上手だったのでパンチをもらってしまって。でも冷静に対処できたのでよかったと思います。右のストレートは右目の下にもらって“あっ”ってなりました 2回ちゃんと入ったので打撃が上手だなと思いました」とあい。

 しかし「私も殴られて退くタイプではないので、殴られても組めればいいと思っていました。私が下がってうまくかわせるタイプではないので、組みに行く練習をしていたのでそれが出たと思います。相手が打撃をしてくるタイミングが、相手と近くなって組むチャンスだと思いました」と、気持ちの強さでパンチをもらっても退かずに組みに行けたと話す。

パウンドを打ち込むあい PHOTO=(C)2015 RIZIN FF

 フィニッシュとなったパウンドに関しては「パウンドで勝つ予定は今回なかった」と打ち明け、「グラウンド(寝技)にもっていって何か技を極めたいと思っていたんですが、体勢的にパウンドの状態になったのでいけるなって思ったのでやりました」とひらめきだったとした。

 川村に関しては「アイドル活動しながらプロのリングに立って純粋に凄いと思います。立ち居ぶるまいから何から プロの格闘家としてカッコいいなって思っていて、戦っている時もそうなんですけれど、格闘技をちゃんとやっている方なんだと思っています」と称えた。

 今後に関しては「凄く華やかな舞台で、思っていた以上に冷静になれたので楽しかったです。冷静になるのがテーマで、冷静にって自分に言い聞かせてやったのでリングに上がってからもそんなに緊張することなく出来ました。今回、無事勝つことが出来たので次のRIZINに呼んでいただけるなら もっといいパフォーマンスが出来ると思います。もう一度立てれば嬉しいです」と、RIZIN再出撃を目標に掲げた。

 また、「周りの人にいっぱい教えてもらってきたので、勝てて恩返しできたと思います。ノリさんはいつも私の背中を押してくれたので、いい姿が見せられたかなと思っています」と、今は亡き山本“KID”徳郁に勝つ姿を見せられたことを喜んだ。

●編集部オススメ

・仮面女子の川村虹花が連打を浴びTKO負け

・アイドル川村虹花が計量クリアー「夢のリングで最高の試合をします」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース