TOP > ニュース

【レベルス】才賀紀左衛門が王座決定トーナメントに出場

2019/01/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

才賀(左)と、各団体の王者クラスが集結したトーナメントを制したばかりの浅川(右)が1回戦で激突

 2月17日(日)東京・新木場のスタジオコーストにて開催される『PANCRASE REBELS RING.1』の追加対戦カードが発表された。

 今大会から「REBELS 60kg級王座決定トーナメント」が開幕。その1回戦のカードが決定した。

 INNOVATIONフェザー級王者・浅川大立(ダイケンスリーツリー)vs才賀紀左衛門(クロスポイント吉祥寺)、鈴木宙樹(すずき・ひろき/クロスポイント吉祥寺)vs KROSS×OVER認定初代-60kg王者・旭野穂(ゴールデングローブ)の2カード。

 浅川は昨年12月に各団体の王者クラス8名が集った「Japan Kickboxing Innovation認定第5回岡山ジム主催興行 59kg賞金トーナメント」で優勝。驚異的な手数とスタミナで下馬評を覆し、決勝では優勝候補のNKBフェザー級王者・高橋聖人を破りトーナメントを制した。

無敗の鈴木(左)はKROSS×OVER王者・旭野(右)と1回戦で対戦

 才賀はK-1、Krushを渡り歩き、MMA(総合格闘技)に転向してパンクラスとRIZINに参戦していたが、昨年8月にレベルスでキックボクシングに復帰。勝利を飾ったが2戦目を負傷のため欠場し、今回が約半年ぶりの試合となる。

 鈴木はレベルス期待のホープで、Krushにも参戦して現在まで9勝(6KO)無敗の快進撃。パンチとヒザ蹴りを得意とする。鈴木は「ずっと欲しかったレベルスのベルトにやっと挑戦できます。今年もしっかり勝ち続けて無敗のままチャンピオンになって来ます」と、無敗のまま王者になると宣言している。

 旭野は90年~2000年代前半に活躍した小林聡の愛弟子で、『KROSS×OVER』で行われたトーナメントにて決勝を右フックによるKOで制し、同イベントの王座に就いた。鈴木の快進撃をストップすることが出来るか。

炎出丸(左)が3冠王・大野(右)を迎え撃つ

 また、ワンマッチでは元J-NETWORKスーパーバンタム級王者・炎出丸(クロスポイント吉祥寺)とキック3冠王・大野貴志(士道館新座ジム)の一戦も決定。もう一花咲かせるため現役続行を決意した首相撲の使い手・炎出丸に対し、大野はパンチャーでMA王座を4度、WMC王座を1度防衛している。

 オープニングファイトには、昨年12月にデビューして話題を呼んだ吉野友規(スタージス新宿ジム)が出場。吉野は剣道で活躍し、高校3年生時に国体で優勝、大学4年生時には団体戦で全日本選手権3位の実績を持つ。デビュー戦では倒し倒されの激闘を演じてKO勝ちした。

<決定対戦カード>

▼REBELS 60kg級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長あり
浅川大立(ダイケンスリーツリー/INNOVATIONフェザー級王者、岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント王者)
vs
才賀紀左衛門(クロスポイント吉祥寺)

▼REBELS 60kg級王座決定トーナメント1回戦 3分3R延長あり
鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)
vs
旭野 穂(ゴールデングローブ/KROSS×OVER認定 初代-60kg王者)

▼スーパーバンタム級 REBELS-MUAYTHAIルール 3分5R延長なし
炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
vs
大野貴志(士道館新座ジム/WMC日本スーパーバンタム級王者、MA日本フェザー級王者、Bigbangスーパーバンタム級王者)

▼57.5kg級 REBELSルール 3分3R延長なし
浦林 幹(クロスポイント吉祥寺)
vs
岸BRING IT ON(BRING IT ONパラエストラAKK)

▼オープニングファイト 77kg契約 REBELSルール 3分3R
川和 誠(禅道会新宿道場)
vs
吉野友規(スタージス新宿ジム)

●編集部オススメ

・浅川大立が”闘ふ神主”櫻木崇浩からベルト奪取、悲願の王者となる

・復帰戦で勝利した才賀紀左衛門「RIZINのキックトーナメントに出たい」

・剣道の国体優勝者がキックボクシングデビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース