TOP > ニュース

【K-1】小宮山工介が1年ぶり復帰、約5年ぶりに郷州征宜と再戦

2019/01/09(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

小宮山(左)と郷州(右)が再戦。郷州は小宮山にプロ初黒星を付けられた

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される年に一度のビッグマッチ『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』の記者会見が、8日(火)都内にて行われた。

 スーパーファイト(ワンマッチ)で、小宮山工介(32=K-1ジム北斗会館)vs郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス)が決定。両者は2014年1月に対戦し、小宮山が当時10戦無敗だった郷州の手数に苦しみながらも判定2-0で勝利を収めている。また、昨年3月の『K’FESTA.1』で対戦が組まれていたが、両者ともトーナメントに出場することになったため再戦は実現せず。そのトーナメントで郷州は準決勝敗退で3位、小宮山は準優勝となった。

 郷州は「昨年あまり結果が出なかったのに、小宮山選手が試合を受けてくれて感謝しています。小宮山選手にはプロデビューして初黒星を付けられています。あれから5年、小宮山選手は私がデビューした時からチャンピオンだったので世代交代する…と言っても同い年なので(笑)。今度はしっかり勝てるように研究して倒したい」とリベンジ宣言。

 小宮山は「1年ぶりの試合ですし、昨年の3月が終わってから自分もどれくらい成長できているか楽しみなので頑張りたい」と、昨年のトーナメント以来となる試合に意欲を見せる。

 試合から1年も遠ざかっていたのは「3試合で過酷だったのでしばらく怪我があったのと、ジムの代表なので指導とかをしていました。その間は格闘技を客観視して見たり、盛り上がりとかも見たりすることが出来ました。休んでいる期間にはいろいろな人とお会いしてアドバイスをいただきましたし、成長している感覚は自分の中にあります。それを皆さんに感じていだけけば」と理由を語った。

 小宮山は「今回は自分なりに盛り上がる試合をしたいと思っています。大阪大会を見ていて燃える気持ち、感情が高まりました」とし、「あれから時も経ってお互い成長していると思うので、その経過が見られたら楽しみです」とお互いの成長を測れる試合だとした。

 郷州は「小宮山選手は蹴りが得意なので気を付けないといけません。自分もハイキックで倒せたら最高ですが無理だと思う」と笑いを誘い、「前評判では小宮山選手が上だと思いますが、結果はその前評判を覆せたらと思っています」と番狂わせを起こすという。

 小宮山が「郷州選手と平成最後のビッグマッチで試合が出来るのは嬉しいし、感謝です。お互いベストなコンディションで試合が出来るように頑張りましょう」とエールを送ると、郷州は「私がデビューした時からチャンピオンの小宮山選手にそう言ってもらえて嬉しいです、でも小宮山選手は乗り越えないといけない壁だと思っているので、簡単には乗り越えさせてくれないとは思いますが、自分の人生を賭けるつもりで挑戦したいと思っています。昨年も戦う予定でしたし、小宮山選手にどうすれば勝てるかは負けた時からずっと考えてきたつもりです。対戦が決まってからは映像も見ていますし、その対策を3月でしっかり見せられればと思います」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・小宮山が無敗の挑戦者・郷州を激戦の末に破る

・武尊が小宮山工介をKOして三階級制覇「僕と戦いたければK-1に上がって来い」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース