TOP > ニュース

【ボクシング】谷口将隆が初の世界戦、相手は田中、山中からダウンを奪ったサルダール

2019/01/17(木)UP

会見に出席した初の世界戦に挑む谷口将隆(中央)と所属ジムの渡辺会長(左)、井上トレーナー(右)

 渡辺ボクシングプロモーションは、2月26日、東京・水道橋の後楽園ホールでWBO世界ミニマム級2位、WBOアジア・パシフィック同級王者である谷口将隆(24=ワタナベ)がWBO世界同級王者のビック・サルダール(28=フィリピン)に挑むことを発表。その記者会見が、今日、東京・品川区にあるワタナベボクシングジムで行われた。

 ワタナベジムには昨年末にマカオで世界王座の2階級制覇をはたした京口紘人も所属しているが、谷口は京口と同時期に入門した左ボクサーファイターだ。アマチュアの全国大会で京口をスカウトに行った同ジムの井上孝志トレーナーが「毎回、京口と競り合っているライバル」として、急きょ一緒に誘ったのがきっかけだった。アマ通算成績は74戦55勝(16RSC)19敗。

 2016年4月にペットサイファー・ルークメーラムボーイジム(タイ)を初回KO勝ちでデビュー。以後は京口を一歩リードするエリート街道を歩んでいたが、2017年11月に臨んだOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦で小浦翼(E&Jカシアス)に0-2の判定で惜敗。昨年4月の日本ミニマム級王座決定戦でも小西伶弥(真正)に0-2で敗れ、その間に、日本史上最短の1年3カ月で世界王者(WBOミニマム級)となった京口に逆転と大きな差をつけられる状況に陥っている。

 さらに谷口は左手の関節を脱臼。半年のブランクと生涯、骨の内側にボルトが入ることにもなったが、井上トレーナーは「色々な苦労の中でメンタル面が強化された。もともと技術力は京口より上で、飲み込みも早い」と今回の大一番での才能開花に期待している。2月には同トレーナーと奇をてらって、敵地フィリピンでも合宿に臨むという。

昨年7月、王者・山中竜也から右ストレートでダウンを奪うサルダール。勝利し新王者に


 幼少期の極真空手時代は女子にも「ボコボコにされていた」と振り返る谷口だが、中学でボクシングを始め、不屈の練習で、18年11月にWBOアジア・パシフィック王座を奪取。今回のチャンスを掴んだ。

 試合はTBS系列で録画中継され、ゲスト解説は京口とジムOBの内山高志(元WBA世界スーパーフェザー級王者)。谷口は「内山さんには強くなったと感心されたいし、京口にはすげーと驚かせたい」と話し、将来的には京口を抜き返したいとも口にした。

 また、王者のサルダールは、2015年末、愛知県体育館で田中恒成(畑中)に6回KO負けを喫したが、田中にプロ初ダウンを奪う善戦。昨年7月には神戸市立中央体育館で、山中竜也(真正)からもダウンを奪い3-0の判定でWBO世界ミニマム級王座を奪取しているハードパンチャーだ。
 谷口は王者について「パンチが強いのでカギは間違いなくディフェンス。“平成最後の新世界王者”になれるかどうかは後半に倒せるかどうかだと思う」と、KO決着をほのめかした。

●編集部オススメ

・山中竜也が痛恨のダウン、サルダールが新王者に

・田中恒成、サルダールに初ダウンを喫するも逆転KOで初防衛

・小西伶弥が谷口将隆との全勝対決制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース