TOP > ニュース

【シュートボクシング】MIOvs寺山日葵の女王対決が決定

2019/01/19(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

SBミニマム級王者MIO(左)とJ-GIRLSミニフライ級王者・寺山(右)の女王対決が実現

 2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)の2019年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2019 act.1』の追加対戦カードが発表された。

 出場が決定していたSB日本女子ミニマム級王者MIO(23=シーザージム)の対戦相手が、J-GIRLSミニフライ級王者・寺山日葵(18=TEAM TEPPEN)に決定。両団体の女王対決が実現することに。

総合格闘技の試合を3試合経験したMIO(右)

 MIOは昨年7月のGirls S-cup48kg世界トーナメント決勝戦でイリアーナ・ヴァレンティーノに敗れ準優勝。9月の山口遥花戦で勝利して以降は、姉貴分のRENAの影響を受けてAbemaTVのレギュラー番組『格闘代理戦争』でMMA(総合格闘技)にチャレンジし、2勝1敗の戦績を残してSBのリングに帰って来る。MMAの試合&練習を経験して、MIOがどう変わったかに注目。

 対する寺山はジュニア時代から那須川天心の父・那須川弘幸氏の指導を受け、数々のアマチュア大会で好成績を重ね、2016年に高校生でプロデビュー。ハイキックと前蹴りを始めとする蹴り技を得意とし、デビューから6戦無敗だったが、2017年9月のJ-GIRLSミニフライ級王座決定戦でMIOのライバルでもあるMISAKIに敗れ初黒星。

デビュー2戦目でロングスパッツを身に着け、SBに参戦して勝利している寺山(左)

 しかし、昨年11月にはMISAKIとの再戦に勝利し、J-GIRLSのベルトを獲得した。SBには2016年7月、デビュー2戦目で初参戦(梅尾メイに判定勝ち)して以来2度目の出場。MIO撃破にかなりの自信を持っており、即答で今回のオファーを受けたという。

 梅尾戦では相手が投げを狙おうとするとパンチの連打で防いだ寺山だが、MIOの投げも攻略することが出来るか。そしてMIOのパンチと寺山の蹴りの勝負はどちらに軍配が上がるか。

<決定対戦カード>

▼SB日本女子ミニマム級(48.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者)
vs
寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSミニフライ級王者)

【大会・チケット情報】 2・11 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2019 act.1」

●編集部オススメ

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る

・寺山日葵がMISAKIに涙のリベンジ、那須川天心も大喜びで祝福

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース