TOP > ニュース

【KNOCK OUT】メインは森井洋介vsチャンヒョン・リーのKOパンチャー対決

2019/01/21(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

決勝戦進出を懸けて森井(左)とRISE王者リー(右)が対戦

 2月11日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT 2019 WINTER 「THE ANSWER IS IN THE RING」』の全対戦カードと試合順が発表された。

 メインイベントは「KING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント準決勝」として行われる、初代KING OF KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(30=GOLDEN GLOBE)vs第5代RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リー(26=韓国)。

 森井は2018年10月の1回戦でキヨソンセン・FLYSKYGYM(タイ)を延長戦の末にKOして突破、リーは12月の1回戦で町田光にTKO勝ちして今大会にコマを進めた。両者ともKOパンチャーだけに激しいパンチの打ち合いとなりそうだ。

帝王ヨードレックペット(左)を相手に、アルタンドルグーン(右)は1回戦に続いて番狂わせを起こすことが出来るか

 セミファイナルは同じく「KING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント準決勝」として、現KING OF KNOCK OUTライト級王者ヨードレックペット・オー・ピティサック(24=タイ)vs全モンゴル最強決定トーナメント60kg優勝ボルドバートル・アルタンドルグーン(22=モンゴル)。

 ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者でもあり、現役ムエタイ戦士最高峰に位置するヨードレックペットはKNOCK OUTでも3戦3勝。今大会でも優勝候補筆頭にあげられている。対するアルタンドルグーンは12月の1回戦で第9代日本フェザー級王者・重森陽太を2Rに右フックでKOする大番狂わせを演じており、今回も強打で番狂わせを狙う。

不可思(左)が自他ともに認める過去最強の敵コリンズ(右)を迎え撃つ

 第6試合には注目の初来日を果たすチャド・コリンズ(23=オーストラリア)を現KNOCK OUTスーパーライト級王者・不可思(27=クロスポイント吉祥寺 REBELS)が迎え撃つ一戦。第4試合でもWMC日本フライ級王者・大﨑一貴(22=OISHI GYM)が“ムエタイの激闘王”チョークディー・PKセンチャイジム(24=タイ)と対戦する国際戦が組まれた。

高橋(左)の相手は重森(右)に変更となった

 第3試合では当初、高橋一眞(24=NKB・真門ジム)vs前口太尊(PHOENIX)が決定していたが、前口が練習中に足の靭帯を損傷し、ドクターストップで欠場。代わって重森陽太(23=新日本キック・伊原道場稲城支部)が再起戦で高橋と対戦することになった。

【大会・チケット情報】 2・11 キックスロード「KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」」

●編集部オススメ

・延長戦で森井洋介が逆転KO勝ち、場内熱狂の渦に

・モンゴルからの刺客が逆転KOで重森を下す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース