TOP > ニュース

【KNOCK OUT】大崎孔稀、タネヨシホ戦は兄・一貴よりも「早い時間で勝負を決めたい」

2019/01/29(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

テクニックと攻撃力をあわせ持つ大崎孔稀

 2月11日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT 2019 WINTER 「THE ANSWER IS IN THE RING」』。WMC日本スーパーフライ級王者・大崎孔稀(19=OISHI GYM)が、WBCムエタイ日本統一フライ級王者・タネヨシホ(19=直心会)と対戦する。

 大崎はJ-NETWORKスーパーフライ級王座も獲得している二冠王。現在6連勝で勢いに乗る。
 1月にはタネヨシホの兄ヨシキと対戦し、2Rにパンチで3度のダウンを奪ってKO勝ち。リング上でヨシホとの対戦を要求すると、ヨシホがリングに上がり「全然ええよ。しばき倒したるわ」と対戦を受諾した。

 ヨシホは10月に大崎孔稀の兄・一貴とフライ級トーナメントの準決勝で対戦し、大崎一貴が勝利を収めている。

ヨシホの兄ヨシキ(右)をKOした大崎孔稀

 大崎は「お兄ちゃんとヨシホ選手の試合を見ていて強かったので、やりたいという想いが強くなったので決まって良かったです。ヨシホ選手の方がヨシキ選手よりも気迫、気持ちが強いし、冷静に試合を運んでテクニックも凄くある印象があります。兄との試合でも攻撃をしっかりブロックしてましたよね。今までの相手の中でも強敵かもしれません」と、強敵と認め油断はしない。

 練習では「(タネの)ヒジに気をつけつつ、僕の得意なヒザ蹴りを練習しています。作戦はあるので倒すイメージがあり、それをしっかり練習中です」と、倒すための稽古をしている。

兄・一貴(左)には敗れたが、ダウンを奪われた後の反撃が凄すぎると話題になったタネヨシホ

 兄・一貴が対戦した相手ということで、比較されることについては「お兄ちゃんにも負けたくないので何としてでも勝ちます」と、兄への対抗心も抱きつつ「僕が勝てば大﨑兄弟vsタネ兄弟は完勝になるので、絶対に負けられません」と、大﨑兄弟としてもタネ兄弟に負けたくないとした。

 ちなみに兄弟で同じ相手と対戦した選手として、GLADIATOR武士道王者・日畑達也がいるが「2人とも2RKO勝ちしていて、僕の方がタイムは短かったです」と、ここでも兄と張り合う大﨑。(一貴は18年4月にLPNJフライ級王座決定戦で2R2分45秒KO勝ち、孔稀は同年8月にJ-NETWORKスーパーフライ級王座次期挑戦者決定戦で2R2分14秒KO勝ち)
「タネ戦でもお兄ちゃんよりも早い時間で勝負を決めたいと思います」と、タネに5RでTKO勝利した兄より早くKOすると宣言した。

【大会・チケット情報】 2・11 キックスロード「KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」」

●編集部オススメ

・大崎孔稀がタネ(ハートマーク)ヨシキをKO(ページ下段)

・大流血タネヨシホが捨て身のラッシュも大崎一貴がTKO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース