TOP > ニュース

【修斗】平川智也vs安藤達也のトップランカー対決、代理戦争で逆転ハイキックKO勝利の木下毅顕がデビュー

2019/01/31(木)UP

平川智也(左)vs安藤達也(右)が決定

 3月24日(日)東京・浜松町のニューピアホールにて開催される『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第2戦』の第一弾対戦カードが発表された。

 メインイベントには、強打で鳴らす修斗世界バンタム級3位・平川智也(31=MASTER JAPAN)vs同級世界8位の”怪物”安藤達也(28=フリー)が決定。

 平川は元環太平洋ライト級4位でパンチを武器に4連勝し、2016年11月、環太平洋ライト級王座決定戦に出場。敗れはしたが、17年11月にバンタムに階級を変え1年ぶりに復帰。

強打でKO勝ちする平川

 復帰後はKO勝利2つを含む3連勝の後、昨年9月に蹴りを得意とする元修斗環太平洋バンタム級王者・根津優太と、パンチvsローキックの打撃戦の末判定負けした。

 対する安藤は全日本レスリング選手権2位などの実績を残し、2014年にプロデビュー。2015年にテレビ東京で放映されたUFCとの契約を懸けた『Road to UFC JAPAN』のトーナメントにも出場するなど、キャリア初期から華々しく活躍。

 1年ほどのブランクの後、昨年1月第4代修斗環太平洋ライト級王者・土屋大喜に判定で完勝、その後も勝ち続け3連勝中だ。

パウンドで攻めまくる安藤

 平川は自身のSNSで「勝って、もう一度修斗バンタム級に自分の存在を知らしめます!」と意気込む。バンタム級では今月27日に環太平洋新王者・岡田遼が誕生。激戦区の王座戦線にアピールするためには、互いに落とせない試合だ。

 また、昨年末にAbemaTVにて放送された「格闘代理戦争3rdシーズン」FINALのワンマッチにて、格闘代理戦争2ndシーズントーナメント優勝者ユン・チャンミンに左ハイキックで逆転KO勝ちした木下毅顕(和術慧舟會HEARTS)がプロデビュー。

 木下は2015年KWU(極真世界連合)世界大会-80kg準優勝、2014年第6回JKJO(全日本空手審判機構)全日本大会重量級の部優勝などの実績を持つ空手家だ。

左ハイキックで逆転KO勝ちした木下(左)

 逆転ハイキック勝利については「皆(グラウンド状態から)立ってすぐ蹴れるのが凄いと言ってくれますが、”あの距離になったら蹴る”という完全にフルコンタクト空手(手技による顔面攻撃無しの直接打撃制)の感覚」と振り返った木下。

「フルコンタクト空手はMMA(総合格闘技)などでは弱いというイメージがどことなくある。MMAで空手がクローズアップされても、伝統派空手だったり…。フルコンをやっていても悔しかったし、そういう肩身が狭い思いをしている人もいると思う。フルコンでもやりようによっては、しっかりMMAに通用させられるというところを見せたい」と、フルコンタクト空手の復権を目指すと意気込んだ。

<対戦決定カード>

▼バンタム級 5分3R
平川智也(同級世界3位/MASTER JAPAN)
vs
安藤達也(同級世界8位/フリー)

▼フェザー級 5分2R
内藤太尊(同級世界10位/roots)
vs
工藤諒司(TRIBE TOKYO M.M.A.)

▼フェザー級 5分2R
高橋孝徳(同級環太平洋9位/和術慧舟會AKZA)
vs
稲葉 聡(秋本道場JungleJunction)

▼フェザー級 5分2R
星野 豊(和術慧舟會HEARTS)
vs
久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)

▼フェザー級 5分2R
藤木龍一郎(和術慧舟會AKZA)
vs
木下毅顕(和術慧舟會HEARTS)

●編集部オススメ

・代理戦争2nd覇者ユン・チャンミンに木下が衝撃の左ハイKO勝利

・世界10位の安藤達也、ピンチ脱出しパウンドの猛攻で勝利「格闘技は甘くなかった」

・全員グラドルの2019年ラウンドガール6名、イメージカラーは赤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース