TOP > ニュース

【RIZIN】朝倉未来、矢地をKOしたグスタボとの危険な試合に「久しぶりに楽しい喧嘩が出来そう」

2019/01/31(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

矢地をKOしたグスタボ(パネルの人物)との対戦が決まった朝倉未来

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』の記者会見が、1月31日(木)都内にて行われた。朝倉未来(26=トライフォース赤坂)vsルイス・グスタボ(22=Serra Longo Fight Team)が決定。

 朝倉はRIZINで活躍する朝倉兄弟の兄で、中学・高校時代は喧嘩に明け暮れ、2013年からは前田日明が主宰する不良格闘技大会『ジ・アウトサイダー』に参戦し、65-70kg王者となった。RIZINには昨年8月から参戦し、元修斗世界ライト級王者・日沖発、カルシャガ・ダウトベック、元修斗世界フェザー級王座リオン武から勝利を収めて3連勝。

 対するグスタボはブラジルの過酷な環境で幼少期を過ごし、ストリートの抗争に巻き込まれて父親を亡くした過去を持つ。環境を変えるために格闘技を始め、18歳でプロデビュー。昨年8月、RIZINに欠場した同門選手の代わりに参戦して矢地祐介と対戦したが、矢地を右フックでKOして衝撃日本デビューを果たした。プロ戦績は9戦全勝で、4勝がKO、5勝が一本勝ちと全てフィニッシュしている。

 榊原信行RIZIN実行委員長は「よく受けたな、と未来選手に男を見た。グスタボは矢地との試合も直前のオファーで矢地が勝つだろうとの予想が多い中で圧勝。勢いが違うし、ヴァンダレイ・シウバやアンデウソン・シウバなどいい時のシュートボクセの選手が持っていた危険な匂いを持っている野性味溢れるファイトスタイル。ぜひまた試合を見たいと思っていたが、矢地戦で拳を痛めて昨年は出場がかなわなかった。未来選手がRIZINの中で確実に顔になっていくためにもグスタボ(の首)を獲るのは必要な条件。この勝者がもう一度矢地選手とやる道が見えてくると思います。壮絶な試合を期待したい」と、この一戦を紹介。

 朝倉は「相手の試合は去年会場で見ていました。急なオファーでも実力差があったように見えたので強敵かなと思います。懐かしい気持ちにさせてくれるというか、久しぶりに楽しい喧嘩が出来そうなので、楽しみにしています。地球の裏側からわざわざ来てくれるので、やるかやられるかの試合をしたいと思います。楽しみにしていて下さい」と、ストリートファイター時代の記憶を呼び起こさせる相手だとした。

 印象を聞かれると「全試合フィニッシュして勝っているようなので、アグレッシブで体力考えず攻め続けて来る選手」だと答えた。

 榊原委員長は「未来選手には秋から開催予定のライト級グランプリに出ろと言っていますが、食べても太れないらしいので肉体改造に取り組んでいます。グスタボもライト級グランプリを見据えています」と、この試合は今秋開催予定のRIZINライト級グランプリの出場者を選考する一戦だと位置づけ。

 未来は「体重を増やす努力をしているので期待に応えたいと思っています。普段は72~73kgくらい。ウェイトトレーニングとかアレルギー検査をして食事改善して大きくしていこうかと思っています」と、ライト級グランプリ出場への意欲を見せる。

 そして2019年の目標を聞かれると「一戦一戦しっかり勝って、総合格闘技界の中心に朝倉兄弟でなっていきたい」と、弟・海とともに“ど真ん中”に躍り出たいと話した。

 グスタボからは「昨年の夏に名古屋で矢地を倒して、俺の実力は証明済みだと思う。そのあと怪我でしばらく戦線を離れていたが、もう完全に怪我も治り準備万端だ。今回の相手の朝倉未来は、俺と同じニュージェネレーションの選手だと聞いている。お互いの死力を尽くして、最高の試合をしようじゃないか。もちろ ん最後に勝ち名乗りを受けるの俺だ。未来よ、かかってこい」との勇ましいコメントが読み上げられた。

●編集部オススメ

・朝倉未来が元修斗世界王者リオンに圧倒TKO勝ち

・シウバの弟子グスタボが矢地祐介を衝撃KO、五味隆典が敵討ちに名乗り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース