TOP > ニュース

【RISE】元A級ボクサー・篠塚辰樹が階級上げ「さらに派手に倒しまくる」と宣言、相手はSフェザー級6位の瑠夏

2019/02/19(火)UP

篠塚が階級アップ、Sフェザー6位の瑠夏と対戦

 3月10日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『RISE WORLD SERIES 2019』の追加対戦カードが発表された。

 フェザー級から階級を上げた篠塚辰樹(20=TEAM TEPPEN)が、スーパーフェザー級戦。同級6位の瑠夏(るか/21=新潟誠道館)と対戦する。

 篠塚はアマチュアボクシングでインターハイ・ベスト8、プロ転向後はワタナベジムに所属。2016年12月のプロデビュー戦では判定で敗れたものの、その後は勝ちを重ね、プロボクシング戦績は3勝(2KO)1敗の元A級ボクサー。

左フック直撃、KO勝利した篠塚

 昨年2月キックボクシングに転向すると、いきなりRISEバンタム級4位の相手に秒殺KO勝ち。2戦目で現フェザー級王者・工藤政英に黒星を喫したが、その後は3連続KO勝利。今年2月3日には、プロ18戦無敗のRyukiからダウンを奪い勝利した。

 フェザー級5位まで登りつめたが、減量苦により今回の試合から階級アップする。プロキック戦績は5勝(4KO)1敗。

パンチのKOで仕留めた瑠夏(右)

 対する瑠夏は新空手を経てプロデビュー。2017年にはRISE新人王を獲得し、スピーディかつパワフルな攻撃が持ち味だ。昨年11月石川県金沢市で行われたRISE公式戦では、フェザー級ランカーの皇貴をパンチでKOしている。戦績は7勝(5KO)1敗1分。

 篠塚は自身のSNSで「倒してスーパーフェザー級でも戦えるとこ見せまーす。階級上げてさらに派手に倒しまくるんで応援よろしくお願いします」と倒す宣言。ボクシング仕込みのパンチは、新階級でも火を噴くか。

<対戦決定カード>
▼スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
瑠夏(新潟誠道館/同級6位、2017年RISING ROOKIES CUPスーパーフェザー優勝)
vs
篠塚辰樹(TEAM TEPPEN/フェザー級5位) 

【大会・チケット情報】 3・10 RISEクリエーション「Cygames presents RISE WORLD SERIES 1st Round」

●編集部オススメ

・元プロボクサー篠塚辰樹が初回TKO勝ち、欠場の森本“狂犬”義久を再び挑発

・地元北陸のセミファイナルでKO勝利した瑠夏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース