TOP > ニュース 一覧

【ONE】フライ級トーナメントの組み合わせ決定、和田竜光も参戦

2019/02/21(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

フライ級トーナメントの組み合わせが発表。なぜか日本人2人は同じブロックに

 3月31日(日)東京・両国国技館にて開催の『ONE:A NEW ERA IN TOKYO』で開幕する「フライ級(-61.2kg)ワールドグランプリ」のトーナメント組み合わせが発表となった。

 日本大会で行われる1回戦は、UFC世界フライ級王者として歴代最多の11度防衛を記録し、27勝3敗の戦績を持つデメトリアス・ジョンソン(32=アメリカ)が、ONEに移籍しての初戦を若松佑弥(23=TRIBE TOKYO M.M.A)と戦うことが発表されていたが、残りの3試合もこれで決定。

 若松に続いて日本からはDEEPフライ級王者・和田竜光(30=フリー)の参戦が決定。1回戦でイヴァニルド・デルフィノ(ブラジル)と対戦する。

ONEで1勝2敗の和田(右)

 和田は2013年8月に元谷友貴、2016年6月に柴田MONKY有哉を破り、DEEPフライ級(-56.7kg)王座を2度獲得。国内軽量級でトップクラスの実力を誇る。柔道出身ながら打撃を得意としており、特に相手のふくらはぎを蹴る独特なローは破壊力抜群だ。ONEには2018年7月から参戦して、ONEでの戦績は1勝2敗。

 対するデルフィノは2015年4月にデビューし、現在まで8勝無敗。そのうち5勝が一本勝ちで、1勝がKO勝ち。一本を収めた技は腕十字、三角絞め、チョークスリーパーと多彩だ。

若松はパンクラスで9勝1敗の戦績を収めてONE参戦。初戦では判定名負けを喫している

 トーナメントの組み合わせでは、なぜかジョンソンvs若松、デルフィノvs和田の勝者が準決勝で対戦することになる。また、別ブロックはカイラット・アクメトフ(31=カザフスタン)vsリース・マクラーレン(27=オーストラリア)、ダニー・キンガド(フィリピン)vsアンドリュー・レオーネ(29=アメリカ)の1回戦となった。

 アクメトフは2010年5月デビューで、戦績は22勝2敗。22勝のうち10勝がチョークや腕十字による一本勝ち、5勝がKOによるもの。マクラーレンは2010年11月デビューで、戦績は12勝5敗。12勝のうち7勝が多彩なチョークとアームロックによる一本勝ち、2勝がKOによるもの。2018年7月には和田から判定勝ちを収めている。

 キンカドは2014年11月デビューで、戦績は9勝1敗。9勝のうち1勝が一本勝ち、1勝がKO。2018年9月に若松、2019年1月には和田から勝利を奪っている。レオーネは2010年6月デビューで、戦績は8勝4敗。8勝のうち2試合はチョークによる一本勝ち。ONEでは日本人2人との試合を含んで3連勝したのち、ビビアーノ・フェルナンデスとケビン・ベリンゴンには連敗を喫した。

 準決勝以降のトーナメント日程などは後日発表となる。

【大会・チケット情報】 3・31 ONE Championship『ONE:A NEW ERA IN TOKYO』

●編集部オススメ

・DEEP王者・和田竜光が52秒で一本勝ち、グランプリ参戦に名乗り

・仙三が若松佑弥を逆転KOで初防衛、UFC参戦アピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧