TOP > ニュース

【ボクシング】玄米と納豆で順調減量の谷口将隆が「王座からの景色を観たい」

2019/02/22(金)UP

井上孝志トレーナーのスティックを掻いくぐっていくディフェンス練習

 2月26日に後楽園ホールでビック・サルダール(28=フィリピン)の保持するWBO世界ミニマム級王者に挑むの谷口将隆(25=ワタナベ)が所属先のワタナベボクシングジム(東京・五反田)で公開練習に臨んだ。王者も明日の正午、日本に到着し、夕方には公開練習に臨む予定だ。 

 公開した練習はシャドーボクシングから、トレーナーがスティックを振りかざしてくるのに対応するディフェンス練習に移り、サンドバッグ打ち、ミット打ち、パンチングボール打ちをそれぞれ1、2ラウンドずつこなした。その後にフィットネスバイクを漕ぎながら、谷口は囲み会見に応じた。

「タレなしの納豆と玄米を食べて調整してきたが、いつもより落ちが早い」と順調ぶりを語り、現時点でリミットの2.8kgオーバーと明かした。また、王者対策も万全で、似たタイプのジムメイトを相手に約90ラウンドのスパーリングをこなしてきたという。

上から吊るしたパンチングボールをよけながらシャドーボクシングをする谷口

「サルダールが優れているのはパワーやスピード以上に“タイミング”。でも、どんな攻め方をされても対応できる準備をしたつもり」(谷口)

 ちなみに谷口といえば大学時代にライバルだった京口紘人(25=ワタナベ)と一緒にワタナベジムへスカウトされ、当初は出世争いを繰り広げた。しかし京口はすでに世界王座を2階級制覇中(IBF世界ミニマム級、WBA世界ライトフライ級スーパー)と、差が大きく開いている。これについて谷口は「京口からも“世界王者になったら世界観が変わるで”と発破をかけられた。その景色を観たいので、26日は絶対に勝ちます」と、ライバル心と友情も伺わせながら語った。

●編集部オススメ

・谷口将隆が初の世界戦、相手は田中、山中からダウンを奪ったサルダール

・山中竜也が痛恨のダウン、サルダールが新王者に

・田中恒成、サルダールに初ダウンを喫するも逆転KOで初防衛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース