TOP > ニュース

【K-1】打倒・木村ミノルに空手の蹴りで挑む和島大海

2019/02/24(日)UP

空手衣に身を包み、空手の多彩な蹴り技を披露した和島

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』に出場する、和島大海(月心会チーム侍)が22日(金)大阪にて公開練習を行った。和島は日本vs世界・7対7でKrushウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル(ブラジル)と対戦する。

 公開練習では空手衣に身を包み、三日月蹴りを始めとするバックボーンの空手仕込みの多彩な蹴り技を披露した和島。昨年9月のKrushスーパー・ウェルター級タイトル挑戦では王者ジョーダン・ピケオーに敗れたものの、ピケオーに「和島がここまで強いとは思わなかった」とまで言わしめた。

「ピケオー選手に負けてから時間が空いたので、その間にいろいろな技を練習した。次の試合ではその技を出していけると思う」と、ピケオー戦後は技のバリエーションに磨きをかけてきたのだという。

 対戦する木村はインタビューで「(和島は)眼中にない」と辛辣なコメントを残しているが、和島は「たしかに木村選手は自分より格上というか、キャリアも長いですし、そう思われても当然」とあくまで冷静。「試合でしっかり自分の強さを見せるという気持ちでぶつかっていきます」と挑戦者の姿勢を貫く。

 その木村戦に関しては「木村選手も一発があるし、この試合はKO決着になると思います。僕はしっかり蹴っていってKOで勝てたらいいなと思います」と、木村の剛腕パンチに蹴り技で対抗してKO勝ちしたいと語った。

 今回は通常の試合よりも2kg軽い契約体重(-68kg)での試合となるが、「仕上がりはバッチリ。いま凄く追い込んでいるところで、あとは体重を落とすだけです」と順調のようだ。

「今の一番の目標はベルトを獲ること、70kg(スーパー・ウェルター級)でも67.5kg(ウェルター級)でもまずベルトを獲る」とどちらの階級でも王座を狙いたいとし、「タイトルを獲ってから海外の強豪選手と戦っていけたらいいなと思います。これから強い外国人選手と試合をして経験を積めば、ピケオー選手にも勝てると思います」と、木村を倒した後はいまだvs日本人無敗のピケオー攻略を目指すとした。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・木村ミノル、ピケオーへのリベンジに向け和島を「軽く倒します」

・木村ミノル、9勝9KOの和島大海との強打者対決に「相手じゃない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース