TOP > ニュース

【K-1】リーバス「武居由樹より速くスマートにKOする」

2019/02/25(月)UP

前回同様K-1王者相手に勝利を収めることが出来るか

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』。同大会で行われる「日本vs世界・7対7」でK-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(22=POWER OF DREAM)と対戦するアレックス・リーバス(18=スペイン)のコメントが主催者を通じて届いた。

 リーバスは昨年の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントで3位となったホルへ・バレラと同門。回転の速いパンチやローキックを持ち味に、昨年11月K-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰(24=湘南格闘クラブ)から1Rにダウンを奪い勝利をもぎ取った。その後リングで武居への“宣戦布告”が実現した形となり今回の対戦が決まった。

前回の村越戦で、スピードのある動きを披露したリーバス(右)

 2度目のK-1参戦に「とても嬉しい。俺はずっとK-1で活躍することを夢見ていた。11月にユウタ(村越優汰)に勝ったことで、K-1で活躍する道が開けた。その道を終わらせないことがこれからの目標だよ」と意気込む。

 今回はスーパー・バンタム級の戦いになるが「俺はまだ若いから、いずれ身体も大きくなって階級を上げる事になると思うけれど、現時点ではスーパー・バンタム級が合っていると思う」といい、前回は「勝てたという意味では良い結果だったけれど、100%の自分は出せていなかった。俺はもっといい試合が出来るファイターだよ」と今回さらに上のパフォーマンスを見せるという。

 対戦相手の武居は「スピードも速く、経験豊富でとても頭のいい選手だと思う。彼はK-1チャンピオンだし、間違いなくトップレベルの選手だよ」と認めつつも「ただ特に恐れるような所は感じない。自分の方が全てにおいて上だと思っていて、勝てると確信している」と全ての面で王者を上回ると宣言。

今回も勝利の雄たけびを上げることが出来るか

「大切なのはまず勝ちに対する熱意、そしてそのための戦略と折れない心。俺は武居よりもより速く、よりスマートに、そしてこの拳でKOする」と、自信の拳でチャンピオン食いにまっしぐらだ。

 最後には「また日本で戦えることにとても興奮している。前回の試合以降、日本のK-1そしてファンの皆がとても好きになった。これからもっと応援してもらえるように、最高の試合を見せられるように頑張るよ」とメッセージを寄せた。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・17歳のリーバスが王者・村越優汰をダウンさせて勝利

・武居由樹が”日本vs世界”の先鋒戦を志願、リーバスを「派手に倒して火をつけたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース