TOP > ニュース

【K-1】安保瑠輝也”目標はゲーオ戦”次戦の佐々木大蔵へはKO宣言

2019/02/26(火)UP

後ろには「たいぞう」の文字が書かれたTシャツを着た後輩が…

 3月10日(日)に開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』(さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)。スーパー・ライト級戦(3分3R延長1R)に出場する安保瑠輝也(23=team ALL-WIN)が、大阪の所属ジムにて公開練習を行った。

 今回安保は、第4代Krushライト級王者・佐々木大蔵(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する。

 安保は佐々木について「同じKRESTでも(安保が昨年12月に戦った)山崎選手は試合が面白いし、ちゃんとお客さんを盛り上げようとする部分が見える。でも佐々木選手は全くそれが見えない」と切り捨てる。

得意の蹴り技でKOを生んできた

 安保はその山崎戦でKO勝利、「K-1 AWARDS 2018」の年間最高試合賞(ベストバウト賞)を受賞している。
 一方佐々木の前戦は、11月大会で行われた「スーパー・ライト級王座決定トーナメント」の決勝での対ゲーオ・ウィラサクレック戦(佐々木は判定負け)だ。

 安保はその佐々木の試合について「その日のメインじゃないですか? それなのに本当に寒い試合をしていて、僕も対策を練るために映像を見てたんですけど、途中で寝落ちするぐらいつまらない試合するなと思いました。そういう部分が選手としてどうなのかなって思う」と辛辣な評価を続けた。

 佐々木が「この試合をきっかけに殻を破りたい」と発言していたことに対しても「破れないでしょう。何試合も見ましたけど、根本的に盛り上げようとする能力に欠けてるし、華に欠けている」と一刀両断。

 公開練習では当初はミットに鋭い左ミドルを連発していたが、途中から「だいぞう」と書かれたTシャツ着用の後輩が乱入し、その後輩を最終的に瑠輝也が腕ひしぎ十字固めで切って落とすという挑発的な内容だった。

「(佐々木を)なめてるわけじゃないですけど、今回の試合はすぐにパッと勝って、正直次のことしか考えていない」と佐々木戦を通過点とし「K-1の新しい試みである6月の両国大会にはもちろん出て行きたい。もし今年もK-1大阪大会が開催されるなら、理想は大阪大会でゲーオと戦うことですが、どこで組まれてもゲーオとやります」とすでにK-1スーパー・ライト級のベルトを見据えている。

 ファンに向けて「いつも通り盛り上がる試合をして必ずKOで勝ちたいと思います。KOで勝って僕がゲーオ選手に挑戦する方が、みんなも楽しみにしてる展開だと思うんで、それを実現させます!」とKO勝利で王者挑戦に繋ぐと約束した。

●編集部オススメ

・ダウン応酬の大激闘、安保瑠輝也が山崎秀晃にハイキックでTKO勝ち

・ゲーオが佐々木を撃破しトーナメント制覇、王座に返り咲く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース