TOP > ニュース

【K-1】「突き抜けた存在になりたい」KANA、ノットソンとの再戦にKO勝利宣言

2019/02/27(水)UP

KO決着を約束したKANA

 2月27日(水)東京・世田谷区のK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフにて、3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』のK-1女子-51kg契約、3分3R・延長1Rに出場するKANAが公開練習を行った。

 Krush女子フライ級王者のKANAは、現在7連勝中。女子選手離れした攻撃力でKO勝利も多いアグレッシブなファイターだ。

 公開練習では大宮司代表の持つミットに、パンチコンビネーションからの多彩な蹴りを披露した。

強敵ノットソン(右)と、中4ヶ月間のダイレクトリマッチ

 今回対戦相手のヨセフィン・ノットソン(22=スウェーデン)とは昨年11月大会で対戦。KANAが3Rにダウンを奪って判定3-0で勝利している。

 その前戦をKANAは「今までの対戦相手の中でも、強い相手だった。勝ちはしたけれど、完勝ではない」と振り返る。

 ノットソンの印象を「攻撃のテンポがすごくいい。スパーリングも多くやっているのかな。試合とスパーとの差が少ない選手なんだろうなと思いました」と、相手のリズムや動きを評価。
 一方で「自分のほうが一発のパワーだったり、そういったところは優っていると思う」と攻撃力では負けないとした。

 KANAは年末年始にカナダへの武者修行を敢行。「日本の女子や男子とやるよりも、海外の女子と(スパーリングを)やるほうが試合に近い。(女子選手の層が厚い)イギリスなどにも、頻繁に行ければ」と海外に目を向ける。
「日本の女子格闘技は盛り上がってるが、突き抜けた存在がいない。海外に目を向けて、自分が突き抜けた存在になりたい」と夢を語るKANA。

「今やりたいなと思うのは、グローリーの女子スーパーバンタム級王者アニッサ・メクセン(97勝4敗の戦績を誇るフランス人選手)。やばくて、女子版のチンギス・アラゾフみたいな。もしそんな選手と自分がやったら、どこまでいけるのかな」と最強を求める武道家の面を覗かせる。
 
 一方で「女子の試合はがんばるだけでは盛り上がらない」とシビアな現実にも目を向ける。念願の女子トーナメント実現のためにも、今回の試合は「完全に自分のペースに飲み込んで、自分のペースでKO勝ちしたいと思います」と完全決着で終わらせると意気込んだ。

●編集部オススメ

・KANAが北欧のムエタイ美女と再戦、相手の物言いに「言いたいだけ言っとけ」

・KANAが北欧のムエタイ美女にダウン奪っての勝利、7連勝に

・最強挑戦者メクセンがソースト破り新女王に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース