TOP > ニュース 一覧

【K-1】卜部功也、同門の挑戦者・林健太のことは「ほとんど忘れてる」

2019/03/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

素早く重いパンチをミットへ突き刺す

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』で、初防衛戦を行うK-1ライト級王者・卜部功也(28=K -1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が所属ジムにて公開練習を行った。

 公開練習で卜部はパンチとミドルキックのコンビネーションを中心に、鋭く重い攻撃をミットへ叩き込んだ。

 今年1月に2週間ほど、タイとシンガポールへ海外修行を敢行した卜部。「現役生活で海外練習は初めて。ここ(KREST)でしか練習したことがなかった」という。

ムチのようにしなるミドルキック

 海外修行後には考えが柔軟になった。「以前は練習を週6日やっていましたが、今は週休2日。フィジカルトレーニングは回数ではなく、動きを重視できるようにしています」と、練習の質を高めるようにした。

「一番学んだのは考え方ですね。今までのトレーニングはすべて全力でやっていたんですが、今は練習の優先順位をつけています。1番はスパーリング、次にミット、それからフィジカル。もし一日のうち2つ行うなら、優先順位が高いほうは100%、低いものは70~80%程度の力で行うよう調整しています」と意識も変化したという。

 帰国後はすぐに追い込みに入り「いつもの試合前より長期間追い込んでいる」と準備万端だ。

 挑戦者は同門の後輩で、第3代Bigbangスーパー・ライト級王者の林健太(24=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)。林は昨年12月、卜部が肉離れのため欠場した「K-1ライト級世界最強決定トーナメント」で優勝し、今回の挑戦へ繋げた。
 林はKRESTに所属はしているが、仕事の都合上ここ1年ほど練習はFLY SKY GYMを中心に行っている。

 12月のトーナメントを見ていた卜部は、林の変化について「パンチという得意な部分は変わらない。プラス蹴りのテクニックとか細かい技術がついた」という。
 さらに「前は基礎的なものが出来ていなかった。そこでボクシングジムに行ったりとか、ムエタイのテクニックを覚えたり、フィジカル(トレーニングに)行ったり、基礎的なものが出来上がって急激に伸びた」と、先輩ならではの詳細な分析を行う。

「今までは殴りにいって、蹴りにいってという試合のイメージしかなかった。今はちゃんと(攻撃を)散らすことも出来ているし、すげえレベルアップしている」と大きく育った後輩を評価する。

後輩への感情から離れ、強さを求めるファイターとして臨む

 しかし「今まで一緒に練習していた健太のことはほとんど忘れている。一人の対戦相手として、林健太として戦うイメージしかない」と、林の進化によっても割り切れた様子。「集中できていますね。ごちゃごちゃ考えず、感情部分も出さずに入りこめている」と気持ちの整理も出来たようだ。

 林への感情からは離れ、今回の試合は「自分が本当に強くなっているか追及したい、試してみたい」と純粋にファイターとして戦いに挑むつもりだ。

 ライト級でのこれからの展望は「とりあえずゴンナパー選手とやりたい。負けたままじゃ終われない。しつこい感じじゃなく、あの頃の自分より成長できているという確認をしたい」とあくまで強さを求める。「3月でプロになって10年になるので、勢いのある若手とやりたい。篠原(悠人)選手とか、そのためにも今回は負けられない」と意気込む。

 また、兄・弘嵩もフェザー級の挑戦者としてタイトルマッチを行う。卜部は「自分にとって重要な1日になるかな。兄弟揃って(ベルトを巻く)なんて滅多にない。彼自身もラストチャンスかなと感じているので」と兄弟揃っての必勝を目指す。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・卜部功也が体重オーバーの王者ウェイ・ルイをKO、二階級制覇を達成

・王座挑戦の林健太「子供と会えない上に試合で負けるのは男として終わってる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧