TOP > ニュース

【RISE】志朗、長身の相手に対策あり「上手く決まれば倒せる」

2019/03/02(土)UP

得意のムエタイスタイルで1回戦を突破することが出来るか

 優勝賞金1000万円のRISE世界トーナメント『RISE WORLD SERIES 2019』が、3月10日(日)東京・大田区総合体育館にていよいよ開幕する。

 今大会で行われる-58kg世界トーナメントの1回戦で、WAK-1F K-1ルール世界王者ウラジスラフ・ミキータス(23=ウクライナ)と対戦するISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(25=BeWELLキックボクシングジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 志朗は15歳からムエタイの本場タイで試合を重ね、最近はムエタイの二大殿堂のひとつルンピニースタジアムに出場するなど活躍中。日本でも、2016年1月に新日本キックのリングでISKAムエタイ世界バンタム級王座を獲得し、今年5月にはホーストカップのリングで同王座の2度目の防衛に成功した。2018年11月にRISEに初参戦し、ムエタイでは有効のヒジ打ちが禁止のルールで、フェザー級王者・工藤政英から勝利を収めた。

 出場メンバーが決まり「-58㎏級トーナメントには3名くらいの日本人選手が出場すると思ったけど、結局は那須川選手と僕の2人。世界中のトップが集まると思っていたので、誰と当たっても激しい戦いになる」と予想する。

志朗(左)vsミキータス(右)

 前回初参戦のRISEルールには「どのシチュエーションになったらレフェリーから注意を受けるのかが分かった。自分が対応できるルールだと思う。自分が得意なムエタイスタイルとRISEルールをどうやって組み立てればいいのか、少しだけ見えた気がします」と前回の試合で収穫があったようだ。

 ミキータスについては「やりづらいタイプ。『なぜRISEは2戦続けてやりづらい相手をぶつけてくるのか』と思いました(微笑)」と苦手意識がある様子で「試合映像を見る限り、細くて背が高く、パンチでガンガン来るタイプ。ベースはムエタイだけど、パンチでも結構打ち合っていた」という印象を持ったようだ。

パンチで追い込む志朗(左)

 タイで東欧系の選手と試合したことは、一度もないという志朗。自分よりリーチが長くヒザ蹴りを得意とする相手に対して「しっかりと対策を立てなければダメだと思います。ヒザ蹴りは組み付いてからのものなので、RISEだと有効ではない。自分の距離を掴めた時点で勝負は見えてくると思います」とRISEルールならではの分析だ。

「タイでも(ミキータスのように)180㎝くらいの選手も結構多いので、戦いづらいことは確かだけど、経験がないわけではない。自分のローキックやパンチは当てやすいと感じています」と自身の攻撃は当たると宣言。

RISEフェザー級王者・工藤政英を撃破した志朗(左)

 最後に「前回の工藤戦は判定勝ちだったので、今回はKOで勝ちたい。そのためにいくつか身長が高い相手用のテクニックも用意しています。うまく決まれば、倒せると思います」とKO勝利に自信をのぞかせた。

【大会・チケット情報】 3・10 RISEクリエーション「Cygames presents RISE WORLD SERIES 1st Round」

 

●編集部オススメ

・那須川天心と世界トーナメント1回戦で激突するローマ「素晴らしさを見せつける」

・初参戦の志朗が王者・工藤政英に殴り勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース