TOP > ニュース 一覧

【K-1】芦澤竜誠が皇治を挑発「吐いた唾飲み込むなよ」、バレラ戦は「間違いなくKO」

2019/03/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「全員敵に回ろうが自分の好きなことをやる」と豪語する芦澤

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』に出場する、芦澤竜誠(23=K-1ジム総本部チームペガサス)が公開練習を行った。芦澤は日本vs世界・7対7で、K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント第3位ホルヘ・バレラ(24=スペイン)と対戦する。

 梶原龍児代表を相手にミット打ちを終えると、最後は気迫のこもったサンドバッグの追い込みで公開練習を締めた芦澤は、「コンディションは絶好調ですね。なんでかって言うと、前の卜部戦の反省は体力だけで、それを克服するために沖縄に行って合宿したんですよ。それがあって今があるので、いつでも試合できる感じで最高です。あとは体重だけっすね」と、1週間の沖縄合宿で体力を養ってきたからだという。

 対戦するバレラについては「パンチが強いぐらいですかね。完全なパンチャーですけれど、パンチはもらわない。まあ見れば分かります。試合を見てバレラが弱くなったって思うかもしれないけれどそうじゃない。俺に当たらないだけです」と、当てさせない自信満々。

 日本での試合でバレラはボディを攻められることが多かったが、「そんなにボディを狙う気はないですね。流れの中でボディを打つかもしれないけれど、バレラがボディが弱点だからって、ボディを攻めて試合を組み立てようなんて真似はしない。いつも通り俺の戦い方で完全に沈めます」と言い放つ。

 また、バレラがSNSで日本語を使って芦澤への挑発を繰り返していることについては「あれ、何なんですかね? とりあえず俺に噛みついて、俺と試合出来て良かったなって。何かベラベラしゃべってるけれど、お前が俺に対戦を申し込んできたんだからなって話しですからね。別にやんなくても良かったのに、やってやるんだからありがたいと思え、コノヤロー!」と、むしろ感謝しろと吐き捨てた。

「バレラ戦は間違いなくKO。KOしか狙っていない。というか、今の俺の実力でいけば放っておいてもKOになるって感じですね」とKOで勝つのは当然とし、「K-1が俺の実力に見合って、俺の望む試合を組んでくれなかったら、もうK-1に居る意味はないですよね。だから俺が嫌気づく前に、俺とやりたいヤツはやっといた方がいいよ」と他の選手たちに呼び掛ける。

 芦澤自身が対戦を望んでいた皇治については「卜部選手に負けちゃったからしょうがないけれど、今年すぐに出来るんじゃないですかね。出来るんじゃないかというか、皇治選手が『ファンが盛り上がる試合をする』と言っていて、じゃあ武尊選手とやった時以上に盛り上げるんだったら、K-1で誰とやるんだよって話です」と、自分とやれば盛り上がると主張。

「お前は『眼中にない』とか言うんじゃなくて、よく考えて『ファンが大事』とか言ってんだったらそうしろよ、と。俺はファンが大事だとか思ってないので。お前はそう言った以上は、吐いた唾飲み込むなよなって話です。自分はハイリスク・ハイリターンな戦いをやっていくし、皇治選手とやる時は、また人生を懸けてやるかもしれない」と、皇治を“お前”呼ばわりし、挑発を続けた。

 さらに、「間違いなく俺がやりたいことはファンもみんな盛り上がるし、今後の格闘技界も絶対変わると思う。俺は別に嫌われようが好かれようが、自分の好きなことをやる。全員敵に回ろうが、別に俺の思ってることを出来れば、それで満足です」と俺様節をさく裂させていた。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・芦澤竜誠が言いたい放題「K-1をぶっ壊したい」

・因縁の対決制した芦澤竜誠「アンチが騒いでくれるのは嬉しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧