TOP > ニュース

【K-1】佐々木大蔵、安保瑠輝也の挑発に乗らず「囲碁や将棋のような駆け引きを見て」

2019/03/04(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

テクニシャン・佐々木大蔵がベルト獲りへ再度発進

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』に出場する、第4代Krushライト級王者・佐々木大蔵(28=K -1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が公開練習を行った。 

 公開練習ではしなやかな足技を中心に披露した佐々木。今回は、安保瑠輝也(23=team ALL-WIN)とスーパー・ライト級3分3R延長1Rで対戦する。

 安保は佐々木に対し、会見や公開練習などで「華がない」「寝落ちするほどつまらない」などと挑発している。そんな安保に対し佐々木は「瑠輝也選手がそう思っているならそれでいいかな。3月10日のリング上でお互い表現しあいましょう」とさらっと受け流す。

 さらに「地味か派手かは、人それぞれ。こだわってはいないんですが、佐々木大蔵というものを観てもらえれば」とマイペースだ。

 今回のテーマは「楽しむこと。特に”こうしよう”とかではなく、大観衆の中で出来るので楽しみですね」と相手の言動に左右されず、試合自体を楽しむつもりだという。
 佐々木にとって”楽しむ”とは「(キックボクシングという)競技が大好きなんです。初めての対戦相手で、自分がどう動けるか。駆け引きを身体を表現できる」と、リングに上がってからの一手一手にワクワクすることだと説明。

1歳の子どものためにも頑張る

 さらに「囲碁や将棋などは、格闘技に通じる部分があると思います。潰し合うテクニックや、次第に変わってゆくリズム…”テクニックおたく”かもしれませんね」と笑う。「日常には何かしら(キックの)ヒントがある。1歳の子どもがいるのですが、大人には見えない目線で”えっ、そこに(物を)隠すの?”と。そんな発見も、ひらめきのきっかけになる」という徹底した”テクニックおたく”ぶり。

「子どもが大きくなった時に映像で見て、パパのいいところを見せたい」とキックボクシング愛と家族愛を抱き、佐々木は3月10日の大舞台へ上がる。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

●編集部オススメ

・佐々木大蔵が中澤純からヒザでダウン奪い決勝進出

・安保瑠輝也”目標はゲーオ戦”次戦の佐々木大蔵へはKO宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース