TOP > ニュース

【K-1】卜部弘嵩「2階級制覇を達成する」王座獲りへ

2019/03/09(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

それぞれのベルトに賭ける思いが交錯する村越(左)vs卜部(右)

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K’FESTA.2』の公開計量&記者会見が、9日(土)都内にて13:00より行われた。

 第11試合のフェザー級タイトルマッチに出場し、初防衛戦を行うK-1 WORLD GPフェザー級王者・村越優汰(24=湘南格闘クラブ)は57.3kg。対する、第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・卜部弘嵩(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)はリミットジャストの57.5kgで両者計量クリアー。

村越が計量クリアー

 村越は、必殺の三日月蹴りを武器に国内トップファイターを次々と撃破。RISEでもチャンピオンに輝いた。2017年にK-1電撃参戦を果たし、2018年6月の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントでは優勝。悲願のチャンピオンベルトを巻いた。しかし、王者としての初戦で、アレックス・リーバスにまさかの敗戦を喫して、今回が真価の問われる1戦となった。

 前日の村越のSNSにはかなり体を絞った様子がアップされていたが「計量をクリアーして、リカバリーもしっかりして明日に備えたいです。やれることはやってきたのでそれを出します」と短くコメント。

挑戦者の卜部も計量パス

 ベルトが懸かった試合に「卜部選手は2階級制覇を狙っているので、そこは阻止しないといけないと思っている。今までやってきたことの全部を出せるように頑張ります」とこの1戦に賭ける思いは強い。

 対する卜部は、同大会のライト級タイトルマッチに出場する功也の兄。K-1旗揚げ当初から、-60kgを代表するファイターとして君臨。兄弟対決を制して第2代王者に輝いた。しかし、初防衛戦に敗れて王座を失い、昨年3月「K’FESTA.1」でも敗戦。引退も考えたというが、弟からの後押しも受け、フェザー級に転向。そこから一気に調子を上げ、芦澤竜誠を撃破。今回自身もラストチャンスと語るタイトルマッチに挑む。

「今はリラックスしていて、穏やかな気持ちです。明日になって、リングに上がれば面白い、良い試合が出来ると思います。3人目となる2階級制覇は達成したいと思っています」と偉業を成し遂げると宣言。

 兄弟に関する質問が飛んだが「功也については、いつも心配することはなくて今回は(林健太)健太も後輩だし、2人で思いっきりやってもらえれば。あとは僕次第で、最後は武尊に繋げられたら。KRESTで勝って終われたらハッピーだと思います」と兄だけではなく仲間についてもコメントしていた。

【大会・チケット情報】 3・10 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~」

 

●編集部オススメ

・卜部弘嵩、原点・空手の技術学び”ラストチャンス”の王座戦に挑む

・王者・村越優汰、卜部弘嵩が「三日月蹴りで苦しんでいるところが見たい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース