TOP > ニュース

【超人祭り】”足関十段”今成正和とパワー腕関節・桜井隆多のレジェンド関節技対決が実現

2019/03/12(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今成(左)と桜井(右)がグラップリングマッチで対決

 4月7日(日)東京・八王子市民体育館で開催される格闘技イベント『KTプロジェクトPresents KDC八王子超人祭り!2019』。

 同時開催される今成正和プロデュースのグラップリング大会『IRE~Imanari Roll Ecstasy vol.3』では、今成正和(43=今成柔術)と桜井隆多(47=R-BLOOD)によるDEEP現役レジェンド同士によるグラップリングマッチが行われる。
 
 今成は“足関十段”の異名を持つ足関節技の達人。DEEPで2階級制覇を達成し、近年はアジア最大の格闘技団体『ONE』に参戦。連敗を喫していたが、2018年10月の3戦目で勝利を上げた。今年2月のシンガポール大会では韓国人選手に1R53秒でヒールホールドによる一本勝ち。いまだ衰えぬ達人ぶりを見せつけた。

2月のONEで秒殺ヒールホールドを極めた今成

 対する桜井もDEEPを中心に活躍し、04年にDEEPミドル級王座を奪取。以後、何度もDEEPのメインイベントを飾り、毎回激闘を繰り広げてDEEPを盛り上げてきたことから“ミスターDEEP”と名付けられた。アームロックや腕ひしぎ十字固めなど、腕関節系の技を得意とするパワー系ファイターだ。

 今年の3月10日に開催されたGRACHANでは、グラウンドでも打撃でも相手を圧倒し完封勝利している。

圧倒的なパワーでパウンド連打する桜井

 今成の足関節技と桜井の腕関節技、どちらが先に極まるか。
 なお試合はIREルールで「5分1Rポイント判定なし、決着がつかない場合は、サドルロックからの足関節勝負、1分30秒の攻守交替制で行います」という”足関十段”プロデュースならではのもの。
 桜井は延長戦に入る前に決着をつけなければならないようだ。

<決定対戦カード>

IRE~Imanari Roll Ecstasy vol.3

▼IREルール 無差別級 5分1R
今成正和(今成柔術)
vs
桜井隆多(R-BLOOD)

KTプロジェクトPresents KDC八王子超人祭り!2019
 
▼MMA バンタム級(61.2kg)5分2R
咲間”不良先輩”ヒロト(パラエストラ八王子)
vs
石田陸也(総合格闘技道場DOBUITA)

▼三縄引退試合 キック 85kg契約 3分3R
三縄良太(超人クラブ)
vs
我龍真吾(ファイティングマスター)

▼プロレスリング 15分1本勝負
所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
vs
アントニオ小猪木(西口プロレス)

▼キック 無差別級 2分2R
チャンジュンa.k.a腹八分目(超人クラブ/伊藤縁)
vs
平良ヒロシ(Club EDO)

▼MMA フェザー級(65.8kg)5分2R
岩田 駿(武蔵村山道場)
vs
臼井佑允(EDO北海道支部)

▼キック 92kg契約 3分2R
大野隆弘(K- STYLE)
v
タツヤ(EDO北海道支部)

▼MMAライト級(70.3kg)5分2R
長谷川魁一(リバーサルジム立川ALPHA)
vs
岸野紘樹(トイカツ道場/Fighting NEXUS)

▼KICK 61.2kg 3分3R
木下翔太(K-STYLE)
vs
新屋光希(フリー)

▼女子KICK 52kg 2分2R
ケンレン リンチィ(チャモアペットジム) 
vs
サチコ(EDO北海道支部)

▼フルコンタクト空手ルール 2分1R延長1分
星野力也(真月流COMBAD)
vs
皆本 丈(西湘大井ジム)

▼Jr. MMA 1分30秒 2R
内藤大和(超人クラブ)
vs
山下颯人(坂口道場)

▼Jr. KICK 2分2R
琉稀弥(戦-IKUSA-GYM)
vs
藤巻 心(EDO道場本部)

 

●編集部オススメ

・三浦彩佳と今成正和が秒殺一本勝ちの共演

・桜井が衰えぬパワーで完封(ページ下部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース