TOP > ニュース

【RISE】那須川梨々迎え撃つ平岡琴「苦労知らずの女子高生には負けたくない」

2019/03/20(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パンチを見舞う平岡(右)は、RISEに移って来てからは2連勝と波に乗っている

 3月23日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 131』から、RISE女子王座決定トーナメント「RISE QUEENアトム級(-46kg)決定戦」が開幕する。

 同トーナメント準決勝で、那須川梨々(16=TEAM TEPPEN)と対戦する平岡琴(28=TRY HARD GYM)のコメントが主催者を通じて届いた。平岡は極真会館(松井章奎館長)『第31回全日本女子ウェイト制空手道選手権大会』(2014年)で軽量級優勝の実績を持ち、空手仕込みの足技で2018年9月からRISEに参戦して2連勝を収めている。

 平岡は今回のトーナメント出場に関して「強い選手が集まったメンバーの中に選ばれてモチベーションは上がりましたし、RISEのこのベルトは神村エリカさん、RENA選手といった女子格闘技を引っ張ってきた存在の方たちが巻いてきたベルトなので、次に私が巻いて女子格闘技を引っ張っていきたいと思います」と、意識が高い。

 対戦する那須川については「強くていい選手だと思いますが、穴はたくさんあってまだ完成されていないのでベルトを獲るのは早いな、と。試合では心を折ってあげます」と言い放ち、「ガンガン前に出てくると思うので、いくつかカウンターの技を用意していますし、タイ人トレーナーのノップさん(=ノッパデッソン)といろいろと作戦を練っていて完成しつつあるので、それがはまれば圧倒出来るんじゃないかと思っています。

得意の後ろ蹴りはダウンも奪える必殺技

 梨々選手のお兄ちゃん(=那須川天心)は名前がある選手なので知名度があり、美味しい相手ですよね。私にはメリットしかありません。プロキャリア3戦目、そして苦労知らずの女子高生には負けたくないです」と、対抗意識を燃やした。

 那須川が女子高生という話が出たところで、自身の高校生時代を聞かれると「中学後半からあんまり学校に行かず遊びに夢中でしたね(笑)。高校2年生の時に、出席日数が足りなかったことで校長先生に呼ばれて『お願いだから辞めてくれ』とお願いされて退学処分となり(苦笑)、そこから今後のことを考えて格闘技を真面目にやろうと思いました。平岡は元ヤンだった、みたいに書かないで下さいね(笑)。

 ここまで格闘技を続けられているのは、一度道を外れそうになりましたがあの時があったからこそ。なのでこのベルトは絶対に巻きたいです。このベルトは女子格闘技を引っ張っていく人しか巻けないもの。今回のメンバーの中でそれが出来るのは私しかいないと思います」と、退学が格闘技に懸けるきっかけになったと話した。

【大会・チケット情報】 3・23 RISEクリエーション『RISE131』

●編集部オススメ

・那須川梨々ら4名で女子王座決定トーナメント

・期待の空手女王・平岡琴、新天地2戦目でタフな相手に勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース