TOP > ニュース

【RISE】「爆発しそう」とアツい瀧谷渉太、政所仁は「倒して勝つ」

2019/03/22(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントで、王座挑戦権を懸けて再戦する、瀧谷(左)と政所(右)

 3月23日(土)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 131』の前日計量&記者会見が、22日(金)都内にて14:00より行われた。

 メインイベントのRISEスーパーフライ級(-53kg)王座次期挑戦者決定戦、同級2位でJ-NETWORKスーパーフライ級王者の政所仁(魁塾)は52.8kg、同級3位で元Krushスーパー・バンタム級王者の瀧谷渉太(KSS健生館)は52.9kgでそれぞれ計量をクリアー。

 計量後の会見で瀧谷は「オッス、おらリアル悟空の瀧谷渉太です」と、いつも通りに『ドラゴンボール』好きをアピール。さらに「計量へ来る途中にドラゴンボールを見つけちゃって神龍(シェンロン=ドラゴンボールに出てくるキャラクターでどんな願いもかなえてくれる)を召喚しちゃいました。まだ願い事は決めていません」と、龍のぬいぐるみを見せた。

 続けて「挑戦者決定戦ということは関係なく、ひとつのメインの試合として盛り上がる試合をして主役になってやろうと思う。リベンジマッチという最高に燃える形、しかもメイン、燃えて燃えてしょうがない。今から爆発しそうです」とアツいコメント。

 両者は昨年5月に対戦し、政所がバックハンドブローでダウンを奪って勝利している。政所は「前回は勝ちましたがリベンジはされる方が多いので、しっかりリベンジされないように練習してきたのでKOで勝てたらいいなと思います」と、気を引き締めて今度はKOしたいと話す。

 再戦について瀧谷は「リベンジしたい気持ちがめちゃめちゃ強い。これに勝ったらタイトル挑戦権ももらえる。リベンジ出来ることで燃えて練習にも身が入りました。昨年5月との違いは、今年2月にKO勝ち出来てあの試合が自信になりました。前回は自分の中で出し切れないところがあったし、不安もありました。それが払しょく出来たので今回は最初からぶっ飛ばす。目を離さずに見ていてください」と、前回とは違うと言い、最初から倒しに行くと意気込む。

 対する政所は「再戦ということは気にしていません。今回は今までで一番練習したってくらい練習してきました。油断はありません。倒せる練習をして来たので、前回と違ってしっかり倒します」と、KOで返り討ちにするつもり。話口調もアツい瀧谷に対し、政所は冷静そのもの。まさに炎と氷のように対照的な両者だった。

 また、この試合に勝てば16歳で9戦無敗の初代RISEスーパーフライ級王者・田丸辰(たまる・とき)とのタイトルマッチになることについて、瀧谷は「本当に強くて無敗で若くて、那須川天心君のような天才的な動きを感じます。今やって勝てるかと言われて自信を持って勝てるとは言えませんが、明日は田丸選手と試合をするわけではないので、全力でぶち当たって行くだけです。僕は失うものは何もない。ガンガン行ってビックリさせたいですね」と、今は目の前の試合に集中するという。

 それに対して政所は「(田丸は)速くて上手くて強いう。でも、やったら絶対に勝てると思います。明日はしっかり倒して勝って、タイトルマッチもKOで勝ちたいと思っています」と不敵な笑みを浮かべて自信満々に言い放った。

【大会・チケット情報】 3・23 RISEクリエーション『RISE131』

●編集部オススメ

・2018年5月の両者の初対戦(ページ下段)

・【RIZIN】倒し倒されのハイスピードバトルを瀧谷渉太が制す

・【RIZIN】石井一成、地元・福岡で新鋭の政所仁に敗れる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース