TOP > ニュース

【新空手】原口健飛、福地勇人…キック・空手・柔術のスターたちがEXマッチ

2019/03/23(土)UP

 3月31日(日)東京武道館にて開催される『第30回全日本新空手道選手権大会 K-2 GRAND PRIX 2019』にて、キックボクシング、フルコンタクト空手、柔術のトップ選手たちによるエキシビジョンマッチが行われる。

 キックボクシングは、RISEライト級2位・北井智大(チームドラゴン)vsRoad to RIZIN KICK優勝者・原口健飛(Kick Lab/聖武会館)。
 
 北井は毎回のように激闘を繰り広げ、試合内容が買われてメインイベントに2回抜擢されたRISEを代表する激闘派。今年2月の試合ではWPMF世界スーパーライト級暫定王者・山口裕人に1RKO勝利している。
 
 一方の原口は幼少の頃から空手を学び、高校時代はボクシングに転向して2016年西日本新人王戦で準決勝まで勝ち上がった。2017年にキックボクシングに転向すると2戦目にして関西の格闘技イベント『ACCEL』でフェザー級王座を奪取。その後は『RISE』にも参戦、18年9月にはキックデビュー1年半でRIZINに出場し、大雅とドロー決着まで持ち込んでいる。

RIZINで大雅と打ち合う原口

 階級は違うものの、それぞれ激闘とテクニックで会場を沸かせる二人のエキシがどんな展開になるか見ものだ。
 
 フルコンタクト空手では、福地勇人(白蓮会館)vs日下部尚人(世界総極真)。

 福地は2018年JFKO国際選手権中量級を制し、いま空手界中量級で最も注目されている選手の1人。
 対する日下部は、軽量級ながら総極真の全日本大会(体重無差別無差別)優勝で優勝した総極真のエース。

蹴り技魅せる福地

 互いに華麗なステップを使い、間合いを重視したキレのある蹴り技を得意とする。フルコンタクト空手にイメージされがちな「接近しての打ち合い」からは離れた、技の駆け引きが見られそうだ。

 柔術では、澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)vs鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー)。

 澤田は2018年のノーギ選手権で、男子アダルト黒帯カテゴリー日本人史上初の柔術世界王者となった達人。腕十字を得意とする。アダルト青帯フェザー級の全日本や国際大会で数々の入賞を果たしている鈴木和宏を相手に、様々な技を魅せてくれるだろう。

 なお前日の30日(土)には、福地や澤田によるテクニックセミナーも行われる。

<対戦カード>

▼キックボクシング スペシャルエキシビションマッチ
北井智大(チームドラゴン/RISEライト級2位)
vs
原口 健飛(Kick Lab/RISEスーパーフェザー級9位/Road to RIZIN KICK 優勝)

▼フルコンタクト空手 スペシャルエキシビションマッチ
福地勇人(白蓮会館/2018第1回JFKO国際フルコンタクト大会中量級 優勝/WKO空手ワールドカップ 優勝)
vs
日下部尚人(世界総極真/第49回全日本空手道選手権大会「一般男子 無差別」優勝/第1回総極真世界空手道選手権大会「一般男子 軽量級」準優勝)

▼柔術スペシャルエキシビション
澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー/アメリカンナショナル2017 優勝/世界ノーギ選手権2018 優勝/全日本選手権2018 準優勝)
vs
鈴木和宏(トライフォース柔術アカデミー/IBJJFジャパニーズナショナル アダルト青帯フェザー級優勝/IBJJFアジア選手権 アダルト青帯フェザー級準優勝/JBJJF全日本選手権 アダルト青帯フェザー級優勝)

●編集部オススメ

・【新空手】柔術・空手・キックの世界王者から一気に学べる前日祭を開催

・【RIZIN】初参戦の大雅は原口健飛と痛み分けに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース