TOP > ニュース

【ホーストカップ】大崎兄弟が地元名古屋に揃い踏み、弟の孔稀はタイトルマッチに挑む

2019/03/29(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

兄・大崎一貴と弟・孔稀が揃い踏み

 5月26日(日)名古屋・国際会議場イベントホールにて開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA 6 ~ LEGEND DNA FIGHT & ナゴヤチャンピオンカーニバル』の対戦カードが発表された。

 キックボクシング団体『KNOCK OUT』で活躍中の、大﨑兄弟(兄・一貴、弟・孔稀)が、地元名古屋で揃って参戦することが決定。

縦ヒジをヒットさせる一貴(右)

 一貴は、強烈なパンチやバランスの取れたスタイルで、タイ・ルンピニースタジアムで8連続KO勝利という成績を残した実力者。昨年はKING OF KNOCK OUT初代フライ級トーナメントに参戦したが、三度目の対戦となった石井一成に僅差の判定負けで王座獲得ならず。今年初戦ではムエタイの激闘王チョークディー・PKセンチャイジムと対戦し、ヒジ打ちでダウンを奪われて判定負けと強敵相手に連敗中。4月の「野良犬祭」への参戦も発表されている。

 元々51kg契約で試合を行っていた一貴だが、今回は階級を上げて53.5kg契約の試合となった。対戦相手は、3月3日の『HOOST CUP KINGS KYOTO5』で国内軽量級ホープの林裕哉に勝利した、関西の激闘王者と呼び声高いMA日本バンタム級王者KING剛(ロイヤルキングス)。

強烈なパンチが孔稀(左)の持ち味

 孔稀は、一撃で倒せる攻撃力や鉄壁の防御力を武器に、昨年はJ-NETWORKスーパーフライ級王座を獲得。KNOCK OUT初戦では、兄弟対決として注目を集めてタネ兄弟の兄・ヨシキに勝利。今年の2月大会では、弟のヨシホと対戦し2度のダウンを奪ったが、ヨシホの怒涛のラッシュに逆転TKO負けを喫した。兄と同じく4月の「野良犬祭」に参戦が決まっている。

 今大会ではHOOST CUP日本スーパーフライ級王座決定戦として、3月3日の『HOOST CUP KINGS KYOTO5』で國本真義(MEIBUKAI)と再戦し勝利した、滉大(及川道場/DEEP☆KICK53Kg王者)と王座を争う。。

 また“NAGOYAチャンピオンカーニバル”として、ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者・大石駿介(OISHI-GYM)、HOOST CUP日本スーパーライト級王者・小川翔(OISHI-GYM)、MA日本スーパーウェルター級王者・真樹親太郎(真樹ジムAICHI)ら名古屋在住の王者たちが揃って参戦。アーネスト・ホースト、ピーター・アーツらLEGENDファイターたちのDNAを受け継いだ弟子たちなど国内強豪選手と対戦する。

<対戦決定カード>

▼53.5kg契約 3分3R延長1R
大﨑一貴(OISHI GYM/KING OF KNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメント2018準優勝、WMC日本フライ級王者)
vs
KING剛(ROYAL KINGS/MA日本バンタム級王者)

▼HOOST CUP日本スーパーフライ級(53kg)王座決定戦 3分3R延長2R
大﨑孔稀(OISHI GYM/WMC日本&J-NETWORKスーパーフライ級王者)
vs
滉大(及川道場/DEEP☆KICK 53kg級王者)

<参戦予定選手>

大石駿介(OISHI GYM/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
小川 翔(OISHI GYM/HOOST CUP日本スーパーライト級王者)
真樹親太郎(真樹ジムAICHI/MA日本スーパーウェルター級王者)
國本真義(MEIBUKAI/元S-BATTLEバンタム級王者)
増井侑輝(真樹ジムAICHI)
溝口孝湖(WATANABE-GYM)
MASATO(STRIKES-GYM/静岡KICK推薦)
松岡宏宜(闘神ジム/KOSスーパーフライ級王者)

●編集部オススメ

・大流血タネヨシホが捨て身のラッシュも大崎一貴がTKO勝ち

・大崎孔稀がタネ(ハートマーク)ヨシキをKO(ページ下段)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース